続:レムリアの仲間達へ~アトランティス時代の癒しを込めて

昨日UPした主題の続編です。

 

ご興味の無い方は読み流してください^^;

 

昨日、ブログを書いている時から、

ずっと、引っかかっていました。

 

アトランティスでのクリスタルのエネルギーの誤用について。

 

レムリアにいた頃、

全てが愛に包まれた世界でした。

概念や、競争、嫉妬や、怒りや、

悲しみなどという感情とは全てが無縁でした。

 

仲間達と、生き物達と、自然と、

クリスタル達に囲まれて、

私たちは全てと共存していました。

 

どれか一つが欠けたら存在できないほどに、

それら全てを愛していました。

そして全てから愛されていました。

 

レムリアが沈む事は避けれない事実であった事、

アトランティスへの移行時に、

クリスタルが悪用される事も予知していた私達は、

今度生まれ変わったら、

クリスタルは平和の為にしか使わない事を誓って、

クリスタルと共に海に沈みました。

 

なのに何故、

転生したアトランティスで誤用していたのかが、

どうしても納得できませんでした。

 

思い出そうとしても、

靄がかかってしまいハッキリと見えてきません。

 

でも諦めずに何度も魂に問いかけました。

 

すると、やんわりとですが、

靄の向こうに見えかかった時、

レムリアの仲間からメールが届きました。

 

「あの時、約束したよね・・・」と。

 

その一言で、ザザーッと、

本当に、ザザァーッと、霧が晴れて、全てが蘇りました。

 

納得いかなかった核心の部分が。

 

もうやっと、涙も落ち着いたので(苦笑、

ここに私の魂への癒しも込めて、

記しておきます。

 

レムリアが沈んだ後、

アトランティスへと転生したツインレイと私は、

そこで出会ったツインソウルと共にチームを組まされ、

上層部から、更なる文明の発達の為のクリスタルの研究を言い渡されました。

 

けれどその研究の内容は、

決して平和と愛の為とも言えない内容が含まれており、

ツインレイと私は反対しました。

「できない」と。

 

しかし、当時のツインソウルは、

ツインレイと私の男女関係に嫉妬?憎悪のような念を抱いていたようでした。

 

そこで、研究を遂行しなければ、

ツインレイの命を絶つよう上層部に上手に掛け合い、

私に選択を迫りました。

 

ツインレイの命か、

クリスタルの研究の遂行か。

 

レムリアが沈む時に、

愛する仲間達もクリスタルも守れなかった私は、

そのことを悔やみきれずにいました。

 

その選択に、苦悩し、

自分の命を絶とうとしたようですが、

=ツインレイの命を絶つことになると脅され、

どうしようもなくなりました。

 

そして結局、

当時の私は、

ツインレイの命を選びました。

 

自身の感情と心を殺す決心をして。

 

まずは、一切の感情を断ち切るプログラミングを私自身にかけてもらった後、

ツインレイに同じようにプログラミングを行ったようです。

 

魂は涙し、苦悩しているのに、

平然と研究に没頭せざるを得ない私がそこにいました。

 

全てが鮮明に蘇り、

涙と共に全てが腑に落ちました。

 

アトランティス後の転生で、

様々な過去世を経験しています。

 

それは妖精であったり、

薬草魔女であったり、

エジプトの女神官であったり、

魔術師であったり、

クリスタル占星術師であったり、

厳格なキリスト教信者であったり、

密教の修行僧であったり、

巫女であったり。。。

 

何故だか一般の職業でないのばかりですが、

その全てにおいてのテーマが、

「愛と、自然と、社会概念」であったように思います。

 

だからこそ、幾瀬の過去世ののちに、

この地球を選び、

普通の一人間として、

一人の女性として、

一般的な職業も沢山経験し、

結婚も離婚も、出産も育児も経験し、

文明の発達した社会概念にも揉まれたのだと思います。

 

その上で、

私の魂はいつも、

何が本当に大切なのか?を問うてきたように思います。

 

魂が人間よりではないために、

この地球で生きてくる事は、

精神的にもかなりキツイものでした。

けれど、いろんな経験が出来た上で思う事は、

 

愛する仲間達や、

家族や、友人達、

自然や生き物達、

クリスタルと、

そして片割れであるツインレイ、

 

全てを愛しているということ。

全てに愛されているといこと。

 

どれも欠けてはならないものなんです。

 

レムリアの時のように。

 

だからこそ、

いろんな経験や想い、

全てを包み込んだ上で、

今、私はこの地球で、

レムリアの時の魂の誓いと共に、

Heal の道をまた選んだのだと思います^^

 

私にとって、

文明の発達したこの地球での社会概念は、

今、何の意味もなく、

アトランティスでの苦しい経験があったからこそ、

今の信念があることに、

全てを思い出せたことに、

改めて感謝したいと思います。

 

レムリア大陸が沈む時、

仲間とクリスタルと共に歌った歌は、

アイルランドの古い民謡である、

日本で言う「蛍の光」です。

 

今世で幾度もあった、

自分や子供達の卒業式で、

私は、いつも途中から胸が苦しくなって歌えませんでした。

 

でも、数年後の娘の高校卒業時には、

もう恐れずに、笑顔で、最後まで歌えそうです^^

 

今回のレムリアと、

アトランティスでの過去世について、

背中を押してくれた、

扉を開く鍵を投げてくれた、

レムリアの仲間達に心から感謝します。

 

本当にありがとう♡

 

※コメントについての返信は、控えさせて頂く方向になりました(2014.12.4)

上記点をご理解頂いた上で書き込みされる際は、

お手数ですが、下記注意事項をご一読の上、記載されます様お願い致します。

◆コメント記載注意事項

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    リリィ (日曜日, 27 4月 2014 23:21)

    はじめまして。
    ツインレイをキーワードに、Mokoさんのブログに行き当たりました。
    やはり、同じ様な魂は、ツインレイとの事や過去の事を思い出しているんだ〜と改めて実感しました。
    私もヒーラーをしています。
    Mokoさんの様に鮮明に過去を思い出している訳では有りませんが、私もレムリア時代にツインレイと地球に降り立ち、その後私はツインレイとムー(今の沖縄辺り)に居た様です。
    私の友人もレムリア・アトランティスに居たそうで、Mokoさんがおっしゃるように、大きな水晶を持ち行進していたとか、海に沈んだから現世は水が怖いと言っていました。
    彼女とも「あの時(レムリアに)居たよね!」とか言い合って楽しんでいます。
    でも、私もMokoさんの様に過去の記憶をもっと呼び起こしてみなきゃいけないな!と思いました。
    今後も、お邪魔させて頂きますね^^
    よろしくお願い致します。

  • #2

    moko (月曜日, 28 4月 2014 15:47)

    リリィさま、ご訪問&コメントありがとうございます^^
    レムリアの仲間達は、沖縄にも行っている人が多いですよね。
    私もそのうちの一人なので、いつかは現地に行かなきゃなぁって感じています。
    どこかでお会いしてるかもしれませんね^^
    そう思ったら、現世はあの時代の仲間にまた出会う為に、
    皆がこの地球に寄り集まった気がしてなりません^^
    本当に嬉しいかぎりですね。

    ひも解かれて良い過去世達は、本当に抜群のタイミングで浮上してくるので、
    魂を信頼して、ひとつひとつ抱きしめ昇華していってくださいね^^

Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム