それぞれのお役目

友人のブログに書かれていた

「三種の神器」について。

 

八咫の鏡=天照大神(太陽神)真実を写すもの

草薙剣=素戔嗚尊 悪を断つもの

八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)=月読尊(月の神) 新しく生み出すもの

 

この地球において、

これらのエネルギーと役割を強く持った人達がいると。

 

おぉ~なるほどと思ってしまいました。

 

世の中には沢山の人がいて、

いろんな個性があるけれど、

確かにこれらのお役目担っている人、

友人達はじめ、沢山知ってるなぁって(苦笑

 

これらの三つの神器の意味する事は、

私的には、

天地創造における、

個人の魂の変容を意味する事でもあるのかなぁとも思います。

 

 

お役目といえば、

今までいろんなヒーラーさんや、

霊能者みたいな人にも会ってきましたが、

皆、それぞれに役割があるんだということもここに繋がります。

 

光担当や闇担当、悪截ち担当、お導き担当、その他があるということ。

 

私は「日」(火)のエネルギーなので、

光で包む事は得意中の得意かもしれません。

また、真実をあぶり出し、光で照らすという荒行事も^^;

どちらにせよ、使うエネルギーは「日」(火)であること。

 

ある時、知らずに、石に闇を引っ付けられたまま

とあるヒーラーさんにお会いした時に、

「あなたは光担当なんだから、闇は引き受けなくて良い」

と言われました。

 

その数日前に、どうしようもなく憑依された念を、

ある闇担当の方に抜いてもらったばかりだったので、

驚きました。

 

詳細は説明しなかったけれど、

とにかく石から闇を抜いてもらい、

一件落着となり、それ以降気にしていませんでした。

 

が、その後、その闇担当との方との間に何か違和感があり、

先日、その石にちゃんと聞いてみました。

当時の闇が入ったイキサツを。

 

そうすると、

悲しいことに、その闇担当の方が、

ご自分の闇、私に対する嫉妬をそこに埋め込んだらしいのでした。

 

闇を扱う方は、闇を抜くこともできるし、

神道をはずれれば、埋め込むことも出来る術を持った方もいる、

という影の部分を勉強しました。

そして真実は必ず、浮かび上がることを。

 

八咫の鏡の方、光担当の方は、

その性質上、闇から好かれ、嫉妬される事は多々あります。

けれど、その方にも光はあるのだからと、

ついつい、放っておけない人情みたいな所があるのも事実です。

けれど、神道に従えば、そこは恐らく、傲慢な心というもので、

放っておくのが真の愛なんだと思います。

 

時にこのような影の部分を見てしまった時は、

そんなことあるわけがない。と否定したくなりますが、

そんこともあるのも現実で、

私の中にも影はあるし、

影があるから光があるということなんだと思います。

 

けれど、闇担当の方達は、憑依を抜く事が出来きたり、

除霊という技もあります。

時には自身の真写しとなり、

その時持っている闇を見せてくれ、

叱咤馬頭してくれる方達でもあります。

 

宇宙の引き寄せとは、

人の出会いにもちゃんと働いていて、

闇を抱えている時に出会う方は、

上記の様な闇担当の方だったり、

 

たとえあの手この手で闇を引っ付けられても、

上記の様に、すぐにそれを浄化できる方に出会ったり、

 

自身の変容の際に出会う人は、

導き担当の方だったり。

 

くじけそうな時は、光担当だったりと。

 

出会った人を思い返してみてください。

面白いほどにその時の状況と心情に

合ったお役目の方たちに出会っているのではないでしょうか。

 

こう考えると、全ては必然で、

なるようになっているんだなぁ~って思えますね^^

 

つまるところ、

嫉妬されたり、依存されたりして痛い目にも沢山あっているけれど、

私のお役目がり、その他の方たちのお役目があり、

それが皆あって、全ては成り立っているのですね。

 

だからきっと、何でもアリなんだろうけど、

やっぱり私は、皆の奥にある光を信じて、

闇さえも光で包んでいければいいなぁ、

なんて思ってしまうアホな光担当なのでした^^;


※コメントについての返信は、控えさせて頂く方向になりました(2014.12.4)

上記点をご理解頂いた上で書き込みされる際は、

お手数ですが、下記注意事項をご一読の上、記載されます様お願い致します。

◆コメント記載注意事項

 

Work Shop 《New》

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム