雪と山梨

先日の豪雪で、

 

積もりに積もった実家の庭の雪。

 

山梨の小淵沢。

 

 

これは、ガレージから庭に出る所。

 

本来ならこの1メートル以上の雪の下に庭が広がっています。

 

勿論、道路もこの状態だそう><

 

お隣やお向かいのお家にだって、やすやすと行けない。

 

停電はしていないものの、

灯油だっていつまでもつかわからない。。

 

かといって、高速道路は封鎖。

 

国道も通れない。

 

何かを送ろうとしても、届かない。

 

除雪車も、いつ来てくれるのかわからない。

 

自衛隊への要請も出ているらしいとのこと。。。

 

こんな時、

 

何ができるんだろう?

 

何もできない自分がはがゆくて、

 

電話で話すくらいしかできなくて。

 

少し弱気になっている、

腰の悪い父の声で、心配はMAXに。

 

けれど、その後に代わった母は、

半分笑いながらこう言った。

 

「大丈夫よ!あと数日なら何とかなるから心配しなさんな^^」

 

いつの時代も、

 

母は強し。女性は強し^^

 

その中でもうちの母は、

金メダル並みに動じない強さを持っている。

 

電話が通じるだけでもありがたい。

 

食料がなくなるのでは?という先の心配は、

今は不要な事かもしれない。

 

それよりも、

父母はじめ孤立してしまった人達の生命力を信じ、

何等かのレスキューが動く事を信じ、

自然の力をただ畏敬するのではなく、

溶ければ溢れる水源となる雪にも感謝しつつ

今はいかに共存していくかを考えるしかない。

 

母の笑い声の裏に、

そんな強さが垣間見えて、

女性の明るいたくましさがあってこそ、

男性は男になれるんだろうなぁ、と、

ふと感じました^^

 

全てを信じるしかない。

 

なんかいつもこう言ってますが、、、

 

全ては、

 

不安よりも、信じる心です。

 

国の災害対策本部よ、動いてください!


※コメントについての返信は、控えさせて頂く方向になりました(2014.12.4)

上記点をご理解頂いた上で書き込みされる際は、

お手数ですが、下記注意事項をご一読の上、記載されます様お願い致します。

◆コメント記載注意事項

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    fairy22 (月曜日, 17 2月 2014 18:00)

    Mokoさま

    2週続きの豪雪!
    父の代からの門かぶりの松
    雪で折っては申し訳ない・・・・と

    びしょびしょになりながら、、必死の雪払い
    そして、13日に手術した母のお見舞い
    何ともハードな週末だろう~

    家の前は駅に続く歩道なので
    除雪してあげないと 大変だろうなぁ~と
    スコップ片手に奮闘するも
    年配の方から 「ありがとう~♪ 助かるわ」
    でも、若い女性からは ”歩く邪魔よ” 
    と言わんばかりの顔でにらまれる、、、
    それでも、家の前で誰かが転倒するのは嫌だもん。。。。

    Mokoさんのお母さん 頼もしい!
    私は、、、、銀メダルなみかな?
    私も 守るもの(ミケ???)があるから
    強くなれる!!  だよねぇ~~

    早く暖かな春になって
    元気に歩く母を迎え入れたい・・・
    それには私が元気でいないとネ ♪

  • #2

    moko (月曜日, 17 2月 2014 22:14)

    fairy22さま
    いつもありがとうございます^^

    何かやってあげたくても、傍にいることができない、
    何かやってあげたくても、もうこの世にいない場合も多々あるもの。

    そう思えば、傍にいて、
    何かしらしてあげれる事は、
    とってもありがたい事なのかもしれませんね^^

    私達が今ここにいるにのは、
    父と母がいたからこそ。

    時には喧嘩もしてみたり、
    嫌になる時もあったとしても、
    笑顔も悲しみも教えてくれた、
    何より、命を授けてくれた魂達ですものね^^

    きっとそうやって頑張る姿を、
    天のお父様も、
    病院のお母様も、ちゃんと感じていますよ^^

    大切に想う気持ちは、
    どんな場合でも、どこにいても届きますから~♪


Work Shop 《New》

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム