ツインレイ その8 ツインレイとの暗闇の中へいる人達へ その2

真っ暗闇の中でさえ、

消えなかったその一筋の光は、

一つから二つになった時、

ツインレイとの誓いをたてた時に、

お互いの中に輝いていた光と同じものだと感じます。

 

そして、その光は、

最終のお互いのカルマや困難な試練を乗り越えるのに、

とても重要な存在であること。

 

この光があるからこそ、

出会ってから、

二人それぞれに起こる事象を受け止めていける気がします。

 

ツインレイの間で最初起こる、

ぎくしゃくな会話や、考えられない思考回路のギャップや、

その他モロモロは、

 

今まで育ってきた中で、

ここだけは許せないという部分であったり、

こんな事言ったり、する人は信じられないっていう部分だったり。

 

私が男なら、

或いは俺が女なら、

こうは言わない、しないだろうってことを、

平気で涼しい顔でやっちゃったりします。

 

普通なら、普通の恋愛なら、

そこで閉店ガラガラになるのですが^^;

 

どれだけ怒っても、傷ついても、

何故か、許してしまう自分がいる。

 

それは根底に、その「愛」という光がある為なのですね。

 

そして、相対するように、

本来こうであった自分、

こうしてきた自分というものも、同じ様に崩されていきます。

 

これも自分や、まわりから言われる言葉や環境で

作り上げてしまった自分という幻想の自分で、

そこが崩れる恐怖に包まれてしまうかもしれません。

 

けれど、本来の自分なんて、

自分ではわかっているようで、

実は全然知らなかった部分の方が沢山あったのかもなぁって感じます。

 

何故、最終段階でツインレイに出会うのか?は、

恐らくこうした概念や思い込みを崩すためでもある気がします。

 

これが、お相手がツインレイでなく、

フツーの方であれば、

今まで通りの概念で、

怒りや悲しみ、信じられません~といったように

片づけられてそこで終わってしまう。

 

けれど、ツインレイだからこそ、

根底にある「愛」の光があるからこそ、

この概念や思い込み達が、音をたてて崩れていき、

「許す」「受け入れる」事ができていくのだと思います。

 

これは、実は、

結局、こういう事象の後で、

フツーのお相手達とも、

同じ様な関わりを持った時に、

「許す」「受け入れる」事が可能になっているのです。

 

世の中で言われている「アセンション」とやらは、

個人的には、あまり執着がなく、

何故かしらそうなるんだろうなぁって確信はあるので、

自分と宇宙を信頼して流れにお任せしていますが、

 

要は意識の変容のことなのですね^^

 

簡単に取り外せない

作られた、作ってしまった固い固い意識の概念を、

誰との関わりでも成し得なかった意識の変容を、

それぞれにしていくことが出来るのが、

ツインレイであること。

 

それはいつも根底にある「愛」の光の力で^^

 

闇も光もあって当たり前。

陰陽、男と女、

太陽と月、

真面目と、おちゃらけ、

笑いと涙、

悪と正義、

うまくいくことと、いかないこと、

嫌いな人と、好きな人、

右という人、左という人、

 

などなど、

あ~全部アリなんだろうなって事になるのだと思います。

 

アホな自分もいれば、

クソ真面目な自分もいて、

男な部分も、女な部分も、

幼稚な部分も、大人な部分も全部あって自分。

 

相手もしかり^^

 

それはきっと全て必要で、

必要のないものは自然になくなるだろうし、

この「愛」の光で、

闇も含めて全てを包みこむこと。

バランス良く、包み込むこと。

 

男も女も、本来誰しもが持っている、

この光で、全てを包み統合していくこと。

 

 

この根底の「愛」の光は、

そこに繋がっていくのだと思います。

 

それほどに力強いこの光は、

人間になる前に、

誰しもが持ち続けていた大いなる光の一部だと感じます。

 

長くなりましたが、

闇の中で、この光のかけらを感じたなら、

見つけたならば、

どうか、どうか、見て見ぬふりをせずに、

大切に、大切に、育てていってください。

 

信じ続けていってください^^

 

※コメントについての返信は、控えさせて頂く方向になりました(2014.12.4)

上記点をご理解頂いた上で書き込みされる際は、

お手数ですが、下記注意事項をご一読の上、記載されます様お願い致します。

◆コメント記載注意事項

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    yasuko (日曜日, 16 3月 2014 12:19)

    mokoさん、ありがとう。。。

  • #2

    moko (日曜日, 16 3月 2014 16:11)

    ^^
    yasukoさん、一緒にがんばりましょう♡

  • #3

    あかり (火曜日, 03 11月 2015 14:48)

    よく読ませて頂いています。
    お返事なくても、書くだけでまとまりそうなので書かせて頂いてます。

    わたしはトリプルなようで、頭では分かっていますが、もう一方の彼を手放せずにいます。どちらかが来ると、もう一方となってしまうのか。わたしはいつも目の前の人から逃げるんだなと最近自己嫌悪です。

    でも会わないと、感情に向き合わなくてすむから安心はあって、もともと安定志向なせいか落ち着いてきてしまいました。
    カウンセリングなどで、泣いたり、執着と向き合ったりもして、もともと犠牲を生きてきた近年だったからなのもありますが
    まずは自分だ、今の私では無理だと思い、1人を選んだものの、孤独な日々です。それも良かったのでしょうが、相手から逃げたこともあり、相手はどう思っているんだろう?と不安にもなります。
    相手にとっては普通の恋愛のように、男性ですし、閉店したほうが楽だろうな…と思ってしまうのです。
    私は彼以前に、出会った人がいて、私は何とも…というのは嘘ですが、私が自立していたので、彼は依存的なタイプで相手にしなかったのです。
    その後も動向は気にはなってたのですが、彼が別の人と結婚したことで心が張り裂けました。何をしてたんだろうと。
    その時すぐに職場で彼と出会いました。すごく自立してて私にはない魅力で、相手は猛烈にアプローチをしてくれました。別の方のブログで、そういう方とそういう時に出会うとかいてありました。彼と付き合ってはいませんが別れた後、仕事を辞めざるをえない状況になって、そうだったのかと、それから知ったのです。ツインレイの概念は知ってましたが、彼はリハビリの為というか…レイではないしと思っていました。人からは魂のレッスンと言われてもピンとこず、ずっと好きか分からないと言ってましたし、わたしは本当に好きだとそうみたいです、普通じゃありませんでした。
    でも結婚した彼もありましたし、その彼がレイだと状況証拠は揃っていたから、職場の彼にも真実のパートナーがいることも考えたり、ただ私のこれまで抑えてきた感情も噴出して、思い切り逃げて拒しまいました。すごく犠牲や自立を、結婚した彼のことでさらに超自立になってしまってたのでその気持ちごと、彼が悪い!!となってしまったのです。。
    結婚した彼の気持ちもうっすら理解できます、今なら。
    師匠にあなたと彼が本当に結ばれた時に、同じ体験をしてたと分かりますよと言われました。
    だから職場の彼と付き合っても意味はないと思ってしまいました。
    でも結婚した彼もそうして拒絶したこともあり、相手が誰であってもそうなのかと凹んでいます。結婚した彼が結婚してどうしようと思っていた時に、師匠に君が相手を受け入れないから、それが一番の問題だと言われました。
    職場の彼のこともあり、さすがにそうだと認めざるを得なくなってきて、
    ようやく自分の本心に向き合うしかなくなりました。
    結婚した彼には話したことはありませんが優しく安心感がありそうです。心理学を学ぶ場で出会いました。
    職場の彼は逆で、みんなのリーダータイプ、社会で生きる人、ただ本当はシャイで繊細なところもありそうです。だから、傷つくことも多く、相手もわたしには他の人には見せない面も見せてきたところもあったと思います。あと男性と女性で、わたしも超自立ではありましたが真逆だなと思い、それで愛情表現も全く違い、好きなのは分かっているのに、理解してくれないと傷ついていました。
    それを今思うと誰かに話していればよかったですが、ごはんに誘うんだよと言われても絶対お腹な中でむり!!と思っていたので、あの時は病気の治療の薬の影響やものすごく我慢が当たり前だったので無理だったと理解する部分もあります。
    でも職場の彼はこの先もこの会社でやっていくのだろうと思って、わたしは会社に馴染めなかったので、彼はスピリチャルからはすごく遠そうな人でしたし、わたしと別れてもさらに抑圧して過ごしてそうです。職場に友人も多いので、大丈夫な気もしますが。普通の恋愛と肩づけられたら、悲しいし今さらだなとも感じます。今はあの恋愛が幻のようです。
    これからが不安です。
    結婚した彼も、最近ようやく彼の友達にきけましたが、結婚する直前はすごく落ち込んでドナドナみたいだったと。だからいつかは離婚するのも、それは以前からですが分かっています。
    どちらも現実はいなくて、会社を辞めた直前やこれまで紆余曲折ありましたが、今は一人の世界で傷を癒し、人間関係もつらいので、安心してるところです。
    理解されないだろう辛さもあるし、男性はツインレイも知らないだろうから不安です。
    職場の彼は、今は恋愛は無理!と会社の飲み会で彼を彼の気持ちを知ってて、タイプはと聞かれた時に彼をよぼうとして、思わず言ってしまったので、何か事情があることや他の女の子に職場の彼も気になるけどこんなことがあったと話したことがあるので彼には伝わってるかもしれません。職場最後の日、告白させずに逃げてしまったのでわたしが振ったような形です。その時は完全パニックでしたが。あとで整理したら、そうとられるよなと思いました。
    すごくエゴだらけになってました。それまでは期待してファンタジーの中を生きているような感じで、リアルな接触は怖かったのです。思ったより話せるなとは、会社辞める日が近づくに連れて、彼も友達のアドバイスに従ってるかんじでしたがキャラをかぶって近づくこともありました。
    わたしが本質を見過ぎななかもしれませんが、ただはい、付き合いますは嫌だったのです。後で考えたら、もう会えないんだから、付き合うしかなかったかもしれないし、でも連絡先聞くだけでいいじゃん!とか思ってしまいましたが…
    色々文句をぶつけたくなるし、それが出来るハートの開く唯一の相手でもありました。彼はわたし以上に、抑圧してしまうだろうから、大変だと感じました。
    今は彼への愛を見失ってしまい、よく分からないのですが、結局一人としか結婚できませんし、どう決めたらいいのか、辞めた日は結婚した彼だ!と思ったのですが、わたしは心理の世界に身を置くだろうなと感じていたのに、職場の彼は、スピリチャルの要素ゼロでしたので。
    いつも逃げてるだけか?職場の彼とのレッスンは終わったのか?終わりにしていいのか?
    うまく愛せなかった後悔、あんな最後、あれが最後だなんて…と思った日もあります。でも自分から行動する勇気もありません。
    トリプルだからとか考えて、考えが正しくないと自分の気持ちで間違えたり、決めることがすごく怖いです。
    本心が分からなくて…
    人には、職場の彼はその為の人だったと過去世からの約束だったと、でも、彼を救えてませんが…無理!と思っちゃいましたし、余裕なんて全くありませんでしたし…
    それらを整理してきてみて、彼に、戻ることが次が怖いからか神様と戦っているのか、彼を、救いたいのか…このままじゃ、過去世と変わらないのです。
    彼と道を違えていいのか?わたしの情熱が燃えてくるところでもありますが、もうそんなに頑張る生き方はダメな気もします。神様と戦って生きてる感じです。
    最初から分かっていれば楽なのに。本当にそう思ってしまいます。
    書かせていただき、ありがとうございます。

Work Shop 《New》

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム