ツインレイ その19 何も望まなくていいこと

ツインレイとの間で、私なりに意識の変容がありました。

 

それは、全ての囚われからの解放に似た想い。

 

離れていた時に感じていた、

「そこにいるだけでいい」という達観は、

 

実際、肉体を持って再会すると、

なんのなんの、

逢えない間に積もり積もった期待だとか、

苦しんできた間の見返りとか、

ツインレイなのに、何故それがわからないの?

 

なんていう自我だらけの自分に遭遇してしまった訳で^^;

 

ぶつかり合う時って、

大概、それぞれが持ってる固定観念とか、

こういう自我によって起こるものだと感じます。

お相手と接することで揺れ動く感情、

大きく振り子の様に揺れる感情ほど、

自分の中で、もう本当は要らない感情なのだと思います。

 

その時は、数秒でそんなことわかるわけないのが人間です^^;

 

なので、それらは決してダメな感情ではなく、

吐きだして、感じぬいて、

要らないものなんだという事に気づいていくことができるのかなって感じます。

 

要らない=そこにとどまる必要がないこと。

 

要らない=それらは、魂の奥でちゃんと分かりあっていると言う事。

 

魂は永遠に繋がっていて、

ちゃんと分かりあっているからこそ、

表層でいらない想いたちが吐き出されているのです。

 

それは、排気口みたいなものと思えばいいかな。

中は、魂は、いつも、常にクリアであって。

 

こうやって残っている自我が爆発した後、

プスプスとくすぶるのもおさまった頃、

チリとなって空に飛んでいく。

 

そうなったら、

 

お相手が光であっても、

肉体を持ってそこにいても、

肉体を持って、離れていても、

 

あぁ、ここ(♡)にいつもちゃんとあるんだという、

愛の想いに戻るのです。

 

ここにあるんだから、

もう、何も望まなくていいのだという愛。

 

そこにあるだけで、

生きて笑っているだけで、充分に幸せなんだという想い。

 

それだけで充分に幸せで、何を望んでいたのだろう?

とさえ感じてしまう^^;

 

どれだけ爆発しても、大揺れになっても、

結局は、その愛に戻ることができるのがツインレイなのかと思います。

 

この感情や想いは、

実は子供達が不登校になった時期に感じた想いに似ています^^;

 

生きて笑っているだけで、かーちゃんは幸せだよ^^

という想い。

 

女性性って、母性にも似ていると思います。

 

大地にも似た、とても大きくて暖かい愛。

 

声をこらえて肩震わせて泣く姿も、

こらえきれずに「喝」飛ばすのも、

何がどうなっても両手で包んであげれるのも、

必死で走る姿を、手を出さずに見守るのも、

全部ひっくるめて女性性、「女」だと思うのです。

 

押さえられていたこれらの女性性全部を

まとめて学ばせてくれるツインレイの存在は、

やっぱりすごいなぁって思います。

 

お互いが、お互いの表層の線をなぞりあい、

飛び出している部分、

へこんでいる部分を撫であう事で、

凹凸の部分がひとつひとつピッタリと合わさっていく。

 

そんなこんなを繰り返しながら、

まぁるい、「ひとつ」になっていくのでしょうね^^

 

※コメントについての返信は、控えさせて頂く方向になりました(2014.12.4)

上記点をご理解頂いた上で書き込みされる際は、

お手数ですが、下記注意事項をご一読の上、記載されます様お願い致します。

◆コメント記載注意事項

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    violet (火曜日, 10 6月 2014 17:38)

    読んでいて、ぐっときました。
    知り合った頃、レイの彼は私のことを
    若いのに懐の大きな女性だと思っていたようでしたが、
    しばらく経つと勘違いだったと泣きそうな声で言っていたのを思い出しました。わたしもただ泣いて自分を相手を責めるだけでしたが…
    大地のような大きな愛で彼を包めなかった事が
    今でも哀しいですが、そこにわたしのテーマがあるような気がします。
    本当に生きて笑っているだけで、
    とても幸せだと今は思えます。

  • #2

    moko (火曜日, 10 6月 2014 22:51)

    Violetさま、コメントありがとうございます^^
    これは、恐らく男性も女性も永遠のテーマの愛なんだと思います。
    ただ、それを教え合うというか、
    思い出させてくれるのが、ツインレイなのではないかなぁと。
    でも、最初からそれが出来る人なんていないのだと思います^^;
    その時はそれぞれが最善を尽くし、最善の事をしたのだと思いますよ^^
    後からその軌跡をみれば、それがあるからこそ、
    今に繋がる沢山の気づきを手にした魂を、たたえてあげてください^^

  • #3

    Freia (火曜日, 29 7月 2014 22:37)

    mokoさん、こんにちは、はじめまして。ツインレイの存在を最近知りました。つい最近、8年間離れられずにいた彼との関係に終止符を打つことを決めました。5月に久しぶりにあった後、頭の中は彼のことばかり、気がおかしくなる程でした。辛かった。現実の環境を受け入れることができず、自分の執着が、こうさせているのだと、そして、自分の辛い気持ちを手紙で彼にぶつけて終わりました。耐えられなくなってしまったのです。
    彼の立場でできる精一杯の気持ちを受けていたにもかかわらず、なぜ、私は形ばかりにこだわり、友情という形でも関係を続ける選択肢を持つことができなかったのだろうと、今思います。
    mokoさんのブログを読んで、手紙に、彼といる時は、私はいつも女性であることを感じ、彼の心やそのままの彼を毛布みたいに包もうとする気持ちでいたこと。それは、とても、優しい体験だった、とかいたこと。そして、私といる時に、自分が小さい子供に戻った気持ちになると、彼がよくいっていたことをおもいだしました。彼も辛かったのかもしれない。私の心にもっと余裕があればよかった。今回は、戻れないかもしれない。でも、また、会える機会があれば、心から、感謝の気持ちを伝えようと思います。mokoさん、ありがとうございます。Blogで、大切なことを教えてくださって。ながくなり、ごめんなさい。

  • #4

    moko (水曜日, 30 7月 2014 00:05)

    Freiaさん、はじめまして&コメントありがとうございます^^
    あの時こうしていたら、とか思うのは、
    あの時ではない、今だからこそ気づくことなんですよね><
    でも、そうやって皆、素直に感情を表現してこそ、自分の想いに少しずつ気づいていくのだと思います^^私もその繰り返しです^^;
    そして、縁とは、不思議なもので、また会えると信じていれば必ず会えるものです^^お相手がレイならばその絆は永遠ですから♡
    ご自分の本当のお気持ちに気づかれたことはとても素敵な事で、辛い中、向き合ったからこそなんだと、ご自身にも感謝してあげてください^^
    そして、その素直な想いは波動として時空を超えてお相手にも届きますが、
    恐れずに、素直に言の葉として、お伝えしてあげてくださいね^^

Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム