太陽神の使い?

今朝は軽い頭痛と共に、

朝早く目覚めまして。


それでも身体は、

冬至と新月のエネルギーに満ち溢れてて。


なんだかエネルギーが止まらない^^;


午前中に、一回目のブログ更新。


窓ふきやらの大掃除の後、

午後のSession終えて、

クウタのお散歩に出たら、


すんばらしい雲に出会えました♡


なので本日2回目の更新です^^


龍でもないし、

蛇でもないし、


白兎にも見えるし、

白狐にも見えて。。

 

とってもパワフルな雲で、

それでいて力強い暖かい波動で。

身体がじわ~っと熱くなって、

その場に立ちすくんでしまいました♡

 

感じたエネルギーは、

大好きなニギハヤヒと瀬織津姫。

 

なんとも言えない、

心地よい空間に包まれた気分でした♡

 

して、帰宅後調べたら、

少し鳥肌的な事がわかったので、

記述しておきます。

 

白兎といえば、因幡の白兎。

もともとは稲の羽を漢字に当てはめて、

因幡になったそうですが、

稲は、年神、ニギハヤヒの象徴であり、

羽は、出雲の数、八、を表しているそうな。

神話では、この白兎を助けたのは、

大国主神となっていますよね。

大国主神、大物主神とは、

個人的には、ニギハヤヒ、素戔嗚のエネルギーを、

総称しているのだと感じています。

 

日本の太陽神の象徴、ニギハヤヒ。

さすらば、この白兎はニギハヤヒの使いでしょうか^^

 

そして、

白狐といえば、お稲荷さん。

稲荷神の使いとも言われ、

起源は、インド、ヒンドゥー教のダーキニーからきています。

ダーキニーとは、白狐に乗る天女として描かれ、

敵を殺し、その血肉を食らう女鬼・夜叉女となっています。

このダーキニーが、

稲荷神として仏教へと取り入れられていったのが711年。

これは古事記が完成する一年前。

一年前の頃は、瀬織津姫の封印が盛んであった頃。

白狐を稲荷神として密教と習合させたのは、

空海が由来だと言われています。

空海と言えば、瀬織津姫。

稲荷大明神=宇迦之御魂

宇迦=蛇

蛇神=瀬織津姫

空海が、封印の為に姫の化身である白蛇を、

白狐に変えて、ダーキニーと稲荷神を、

密教に習合させたのではないかという説があります。

 

あぁ・・・

またもやコメカミウズウズ(苦笑)

 

今日も、宇宙の神秘に包まれた一日でした♡

 

※コメントは返信無しの承認公開のみとなりますことご了解ください。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    サチネコ (水曜日, 24 12月 2014 14:59)

    mokoさん

    昨日は朝から頭痛で、
    私は一日、いつも以上に寝て曜日
    なぜか眠くて仕方ない

    相手も頭痛で風邪をひいたかも、
    と夕方ダウンの連絡

    多分、お互いに調整中なのかナ


    内容は少々難しかったのですが、

    ところどころ、「⁉」
    でありまして。

    最初、写真が目に飛び込んできた時は、
    一瞬大天使の翼に見えたのですが、
    よく見ると、確かに白狐のような、
    白兎のような、
    とても力強いですね。

    日中、私には何のエネルギーが判別できないのですが、
    なんとも懐かしいような、知っている感覚、
    に随分久しぶりに包まれました。


    一昨年、修善寺に行った際、
    初めて見た龍の雲、
    何かその時は分からず、
    今になってちょっと理解

    相手のルーツがまさに出雲だったり、
    同居の父も、15歳年上の12年来の友人も、
    対の相手もなぜか、みな辰年男
    私にも龍の御守りがいてくれて。

    でも、私、お稲荷さんて、
    あの紅い鳥居の列、
    なぜか苦手なんですょ(^^;;
    なんだろぅ、ウズウズ
    違う意味ですが笑

    包まれたエネルギーのことや、
    色々な謎、
    今度mokoさんに聴いてみたいです(*^^*)




Work Shop 《New》

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム