ツインレイ その46 五芒星と六芒星

 

少し小難しいけれど、

関わりのある方には、

とても伝わるのではなかろうかというお話を書いていきます。

 

毎回言っていますが^^;

あくまでも私が腑に落ちた情報と、

メッセージとを掛け合わせて読み解いたものであることを、

ご了承くださいね^^

 

「五芒星」をただの星印ではなく、

意味のある物として目の前に置かれたのが、

もう8~9年程前になります。

 

ちょうど魂の伴侶に出会った頃でした。

 

「五芒星」

小宇宙である人間

ペンタグラム、ソロモンの星、魔術、

陰陽道の基本概念である陰陽五行説、

など色々と説があります。

 

その時は、

あぁ。知ってるし。

と、瞬時に感じた事を覚えています。

 

そして、

その後すぐに表れたサイン「六芒星」

「六芒星」

大宇宙

ダビデの星、イスラエル、

ユダヤ、キリスト教、カバラ、

女性性と男性性の統合(▽+△)

シュメール、、、

などなど。

 

シュメール文明の王家の紋章であったともされる六芒星は、

「カゴメ紋」とも言われ、

伊勢神宮の灯篭の台座や、鞍馬寺などにも使われています。

 

紋章と言えば、

伊勢神宮の紋は、十六菊花紋。

日本の天皇家の紋章ですね。

 

この十六菊花紋は、

シュメール王族の中でも使われていたこと。

 

シュメール文明が滅びた時に、

末裔達が、世界中に散らばって、

日本へも渡ってきたのが縄文時代とも言われています。

 

シュメールを紐解いていくと、

メソポタミア、ケルト、

妖精、神々などにも繋がっていきます。

 

縄文時代の女神と言えば、

瀬織津姫。

瀬織津姫と言えば、

マグダラのマリアであり、

対のニギハヤヒ。

 

ニギハヤヒと言えばイエス。

 

マグダラのマリアとイエスと言えば、

先のブログでも書きましたが、

自己統合も含め、

魂の伴侶との統合における

女性性と男性性の統合。

 

この過程での錬金術を見守ったのが、

オシリスとの愛を貫いた、

エジプトの女神イシスであり、

 

そのエネルギーは、

聖母マリアに通じるものであり、

日本のイザナギとイザナミの統合を手助けしたくくり姫にも繋がります。

 

そして、

ニギハヤヒと言えば、

素戔嗚の息子。

 

素戔嗚=出雲の王。

 

出雲王国や、

瀬織津姫の封印と言えば、

陰陽師がまた絡んできます。

 

話は少し戻って、

「五芒星」は奇数、

「六芒星」は偶数

 

陰陽道の陽の部分として、

「五芒星」を判紋としていた安倍晴明や、

「九字切り」の道摩法師

 

どちらも奇数。

奇数は今だにお祝い事の数字としても使われていますよね。

つまりは表神道であること。

 

陰の部分が、

「六芒星」である偶数。

十字になり、裏の神道であること。

 

これに関わる陰陽師は、

賀茂氏の祖先である役小角、

ひいては空海にまで繋がるのだと、

私は感じています。

 

この役小角、修験道の開祖でありますが、

室町時代の書物『修験修要秘決』は、役小角の出生に関して、

 

「母には夫なく霊夢を感じて誕生す」

 

と記しているそうです@@

まるでイエスですよね。

 

陰陽道だけではなく、

空海からの真言密教や、

ユダヤ教のカバラなどを、

秦氏の中核であったとされる賀茂一族に伝来していたのではないかと言われてもいます。

 

安倍晴明といえば上賀茂神社。

こちらが表だとすると、

下鴨神社が裏になります。

 

何故下鴨神社の鴨は、賀茂でないのか?

鴨が、カラス、八咫烏としての象徴を表し、

八咫烏一族は今でも存続して、

秘伝秘儀を駆使しながら天皇、

日本を守っているとされています。

 

カラスは、太陽神の使いですものね。

 

安倍晴明が史上活躍していた随所に、

稲荷神社があり、

稲荷神の生まれ変わりだなんて説もあったりしますが、

巧妙な手口で、瀬織津姫、ニギハヤヒの封印として、

稲荷神に置き換えた結果なのではないかと感じます。

 

朱塗りの神社や、

鳥居の朱塗り、

以前も書きましたが、

これらにゾクッとしてしまうのは、

上記の封印の恐怖もあり、

遠くはユダヤ教の「過越祭」の記憶なんかも関係しているのかと。

 

以上を読んで鳥肌がたつのなら^^;

どの時代かに、

それらに関わっていた過去世があるのかもしれません。

 

ただ、だからと言って、

どちらかに加担して、

闇を暴いたり、

あるいは光を封じたり、

といった事を、

今世やりに来たのではないと思うのです。

 

1人の人間として、

時代時代に授かった学びを叡智として、

能力を個性として、

根底に流れる愛を元に、

一般の場や、公の場で、

それらを日常生活や技術や芸術など、

多彩な方面でそれを表現しながら、

自身の統合と、

他者全てとの統合への道を歩いているのだと思います。

 

このブログを読まれている方達は^^

 

その中でも、

魂の伴侶との関わりが始まった方達は特に、

その関わりの中で、

自身を認め、愛し、

お相手を認め、愛する事が、

家族や、他者へと繋がり、

ひいては他国との繋がりへと発展してゆく事を、

この道のりで感じていかれるのではないかと思います。

 

その根底に常にあるものは、

シンプルでありながら、

とても難しくて、

忘れていたであろう、

本当の意味での愛だから。

 

陰と陽の統合の時代に向かっている今、

今までの歴史や謎はそれぞれに、

どの時代においても、

全てはここに向かう為に設定されてきたことなんだと感じています。

 

表でも裏でも、

封印した側でもされた側でも、

どちらでもそれなりに悲しみも喜びも味わってきたこと。

 

それぞれの魂が了解の上に、

その人生を全うしてきたこと。

 

どちらが良いのではなく、

どちらもあったからこそ、

今に至り、

やっと統合への時代へと向かっているのだと思います。

 

歴史や謎が見せてくれるものは、

私達一人一人の、

人生における自己統合を、

女性性と男性性の統合を、

とても壮大なスケールで見せてくれているのかもしれませんね^^

 

やはり、

宇宙は神秘的であり、

完璧なのかもしれません^^♡

  ※コメントは返信無しの承認公開のみとなりますことご了解ください。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    RAY (火曜日, 30 6月 2015 00:02)

    うっかりこのブログ記事を読まないまま、今日のセッションを受けました(^_^;)
    あまりのどストライクな内容に、眉間のチャクラむずむずどころか、脳みそが軽~く痺れます(^^)
    わたしはこの日本で、国体護持に生きた術者人生を何度も経験している魂なんだなぁ…と再確認。

    そうですね、焦点を合わせるのは過去生でも今生の過去の闇でもなく、今の自分を愛して、素直になることですよね。というわけで、早速行動してみました。今度こそ平和を願いながら敵味方に分かれることなく、幸せになります♡

    どうでもいい個人的な話ですが…
    京都葵祭はレンタサイクルで行ったのですが、
    上賀茂神社は正面の鳥居から入らず、右横の駐輪スペースに駐輪して、ふと前を見ると…
    ならの小川沿いに末社の梶田社があって
    「御祭神 瀬織津姫」( ✧Д✧)はっ!!
    清らかな流れとお祀りされている神様たちが大好きすぎて、♡がいっぱい出て止まらなくて、離れ難かったです…(^^)

    下鴨神社は糺の森と瀬見の小川の清浄さに心洗われ…ちょうど社頭の儀の最中で、八咫烏を祀る河合神社の鳥居には誰も近づけないよう、すごいピリピリ感で厳重に警備されていました。連理の賢木に縁結びお願いしたので、きっとご縁がつながるはず、大丈夫♪

    東寺では不動明王のご祈祷をお願いしたので、きっと怖い目に遭わずにこれから突破できるはず!毎日不動明王真言唱えてるし。

    伏見稲荷の神様には例によって強いお導きを受けていたのに、東寺を出た時点で時間と体力が尽き…ああ、折角京都に居るのにお参りできなくてごめんなさい…と思いながら、どぼどぼ歩いていたら
    目の前に、東寺稲荷還幸祭の御旅所のミニ伏見稲荷が…!!( ✧Д✧)なんと!
    そうでした、稲荷神さまとお大師さんは仲良しでした。ありがたや…とお参り。

    そういえば、去年行った高野山の丹生都比売神社の神様も水の女神で…奥ノ院では流れるような銀色のミストシャワーに包まれたっけ…。

    ミラクルご神仏シンクロニシティの連発に、今も思い出し笑い(*^_^*)
    mocoさんとのご縁も、きっと神様たちがとりもって下さったのかな~、だったらツインと繋がる日も間違いなく訪れるはず♪ここまでしていただいてて、疑っちゃだめですね。

    人智を超えためぐり合わせに、感謝です♡

  • #2

    サチネコ (火曜日, 30 6月 2015 08:57)


    Mokoさま

    こんにちは^^

    封印されていたものが解かれながら、

    いよいよ、陰と陽の統合の時代に向かっているのですね^^


    どこの立ち位置であれ、あらゆるものを経験し、
    その窓からの景色を堪能したのでしょうね…


    講釈はいまだ理解が追いついていない部分も多々ですが^^;
    なんか深い部分で分かる、
    嬉しい 笑


    対が関心を持ってくれ
    里中満智子さんの『古事記』『天上の虹』を買い求め、
    面白い…
    と言っていました 笑
    なんか知ってる
    とか。

    それより以前のお話も、きっと面白いでしょうね^^

    過去の出来事も、
    すべては 今、それらを解き叡智に変えることができるために、
    人間には時間の概念も歴史もあるのかな、
    なんて思いました^^


    先日アラフィフのお姉さま方3人に引っ付いて、
    勢いで決まった四国弾丸ヨガツアーに行ってきました 笑

    初めての淡路島で夜中の1時に、
    じゃぁ室戸岬に行こう!と決め、
    一路500キロ近い移動の末、
    空海が、名を決めた地、御厨人房や、
    不要なものを流し清められる絶海にて、
    1人静かに歌を奏上して来ました。

    空海に呼ばれた

    そんな気さえします^^

    宿泊先と、先生の御宅(古民家で面白かった)でのヨガ以外、
    予定も自然とその場で生起していくものでした。

    対の彼らが奏でるタンプーラとタブラ、
    ガヤトリーマントラのリクエストから、
    彼女の宇宙的なヴォイスに声を合わせる体感…

    四国の祈りの土地に巡礼を行う人達の意識を
    違う時代でも、ゴルゴダやこの地へ行ったであろう感覚を垣間見ました^^

    宇宙は神秘的であり、完璧

    それらの祝福を受け取り、
    ユニティの中に生きる時代を享受できることが、
    幸せだなぁ♡

    と思う今日この頃です^^♡

    Mokoさん、記事をありがとうございます〜♪









Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム