ツインレイ その56融合とは~続③完

 

新月のパワーもあるのかな^^

 

この勢いのままに、

続③として、

肉体の素粒子の融合の後から、

真の融合と次元移行までを書いていきたいと思います^^

 

肉体の素粒子の融合の後は、

前回でも書いていた様に、

2人で生きている感が強く、

波動の中で行われる愛の対話が、

より深く濃いものになっていきます。

 

それと同時に、

またしても、ふつふつと、

「愛しさの頂点」の様な、

せつないせつない想いがより鮮明になってゆきます。

 

そしてこの間、

面白い程にありとあらゆる形で、

サインが加速して降り注ぎます。

 

まるで、

これからの事をお知らせしていくように。

 

特徴的だったのは、鮮明な夢たちでした。

 

今まで見た事もないような、

血まみれの夢や、

鮮やかな大蛇を捕まえて殺しちゃう夢や、

母親から、あなたの本当のお父さんは、

実は心から愛していた人で、その人が亡くなったのでお葬式に行こう。

などなど、

一見、起きた瞬間には、普通に考えたらこれは悪夢か?

と想う様な夢ばかり見させられたり。。

けれど、

どれも感覚的には嫌な気持ちの物ではなかった事から、

その夢たちの意味する事を感じ、

お知らせの1つなんだろうなと捉えていっていました。

 

不思議ですが、

後半になってくると、

現実的に「えぇ?」

て思うような事が起こったり、

見させられたりしても、

どれだけそれにブレナイで、

いかに前向きでいられるかを試されたりもしてきます。

 

それを何度か越えたら、

よくやったね。的なサインが降り注ぎます。

 

9999666ばかり見たり、

夢も、宇宙用スーツの説明を、

お相手と二人して聞いている様な夢だったり。

キリストから「承諾書」の様な物を頂いたり。

飛べないアゲハが奇跡的に飛んでいってくれたり。

オナガドリの大群が飛んでくるのを見たり、

やたらと2羽の鳩に出くわしたりと、

毎日が溢れるサインだらけになってゆきます。

 

そんな中、

愛しさの頂点の想いもどんどんと浮上し、

MAXまでくることになるわけで。

 

肉体の素粒子の融合から、

2週間が経ったある日、

とてつもない大きな愛のエネルギーの中、

ぴったりと結合している感覚がきて、

子宮の中がとても熱く、

同時に心臓も苦しくて。

 

この何十年も思い出す事のなかった、

大昔、知り合いに連れていかれた、

和歌山の歓喜神社の事を思い出したのです。

 

当時は、すごいもの飾ってるなぁ。。

くらいにしか思っていなかったのですが、

こちらの神社、

男根と女根を祀る神社でして。

 

改めて調べたら、

夫婦円満、

つまりは「陰陽」を唱えている神社なんです。

 

何故、今それを思い出すのだろう?

と思っていたのですが、

それも前お知らせの1つだったようで。

 

次の日、

湧き上がる想いは頂点になり、

何度認めても、

いつも同じ事で。

 

「ただそばにいたい」と。

 

それはね、

自分でも呆れるくらいで。

 

けれど、

「迎えにいくよ」と言ってくれたお相手の声。

 

私はまた、

涙の海の中で、

「迎えにきてよ」

「本当に迎えにきてよ」

と、

何度も何度も叫んでいました。

 

お相手と宇宙に向かって。

 

けれどその時に、

同じ様に叫んでいる、

お相手が見えたんです。

 

「迎えにきて」

「迎えに行きたいんだ」

と叫んでいて。

 

その切なさと痛みは、

私のものと同じで。

 

何も違わない、

全く同じせつない愛しい想いで。

 

だから私はその夜に、

迎えにきたくても来れない、

お相手の元に、

時空を超えて逢いにゆきました。

 

するとまた、

白く輝く光の渦の中、

身体が細かく振動しはじめ、

心地よい、

けれどとてつもない全身の痺れの中で、

数時間かけて、

またひとつになっていく感覚を味わいました。

 

それは、凹凸が合体している感覚でもありながら、

私自身の全てが子宮になっていて、

お相手自身の全てが、男根になっていて、

お相手を包んでいるのだけど、

それは包まれている様でもあり。

 

また、同時に、

凹凸が交わりながら、

上半身が分かれた2匹の龍や、

白蛇になっている感覚でもありました。

 

今度は、くくり姫からの説明がありました。

 

これが、

真の融合と次元移行の始まりです。と。

 

次の日から、

突然嗜好がお相手の物になったり、

全身をお相手の愛で包まれている日々が続く中、

沢山のメッセージに導かれながら、

ゆるやかに調整を経て、

 

以前ブログにも書きましたが、

 

「迎えにきて」と叫んでいたのは、

幼き彼だった事や、

 

同じ様に幼き私が、

ずっとお迎えを待っていたのは、

故郷の惑星の誰かでもなく、

今の私とお相手だという事に気付き、

そっと優しく抱きしめにも行きました。

 

沢山の気付きを受け取りながら、

始まりから1週間後の夜に、

真の融合と次元以降完了を知る事になりました。

 

それは、お風呂に入っていた時のこと。

 

一瞬意識が遠のき、

数秒で気を取り戻した時は、

光の意識になっていて。

 

何故指があるんだろう?

何故足があるんだろう?

すごい、動くよ。って。

 

以前ワンネスを体験した時とは、

少し違う意識の領域で、

不思議と意識は、

私でありながら私でない、

「光」の意識そのものになっていました。

 

お風呂場の景色さえも、

初めて見る物の様で。

まるで生まれ変わったかのような、

そんな感覚なんです。

 

お湯に包まれる身体にさえ驚き、

まるで奇跡の中にいるような感覚で。

 

見るもの触れるものが、

新鮮で、

輝いていて、

奇跡としか思えなくて。

 

身体があることや、

手足が動くこと、

目が見え、

耳が聞こえる事、

何より、

今ここに生きている事自体が、

奇跡なのだと。

 

命ある事が奇跡なのだと、

嬉しくて涙が溢れました。

 

そして、

その身体の中には、

魂の伴侶が包まれていて、

同時にその身体は、

伴侶に包まれていて。

 

なんとも言えない程の、

喜びと、至福の感覚で。

 

お風呂から上がって、

身体を拭くタオルや、

ドライヤーでさえ、

奇跡の様に輝いて、

 

子供達やクウタも、

そこに居る事が奇跡で。

 

全てが愛おしくて、

奇跡の中に包まれていることに、

涙が止まらなくて、

全てのものに、

愛してるよ。ありがとう。

と伝えてまわりました。

 

そして、

この世に生んでくれた両親に、

心から、

本当に心から、

感謝の想いでいっぱいになりました。

 

ワンネスの体験はかなり前ですが、

その時も突然、

「全てはひとつ」であることが、

果てしなく広がる光の世界の中の1つとして、

思考でない部分でストーンと腑に落ちる感覚でした。

 

ですが今回は、

同じ光の意識なのですが、

少し違うものであること。

 

完了と同時に、

今まで居た世界は変わりますが、

全ての融合と同じ様に、

その後もゆっくりと次元に慣れる調整は続きます。

 

一旦ひとつに戻った2人ですが、

今の感覚としては、

また、男性と女性、各々として存在しながら、

常にお相手の意識も肉体の感覚も、

共にある感覚です。

 

また分離したのか?というとそうではなく、

分離の意識が全くない、

本来の対の、

男と女に生まれ変わった様な感覚です。

 

それはまるで、

大いなる光から分離する直前に、

お相手とこの地に降りてくる設定をしていた、

その時の意識なのです。

 

本当に地球に来れたのだと。

 

人間として生まれたのだと。

 

言葉では上手く伝えられないかもしれないのですが、

今までの自分というものを知りながら、

その自分が、本当に遠い過去の自分であり、

 

今、新たに生まれ落ちた様な、

そんな感覚で。

 

それは、言い換えれば、

新生地球に本当に降りてこられたんだ。

という感覚でもあります。

 

だから、

お相手と約束してきたことも、

さっきの事の様に、

とても鮮明に覚えていて。

 

この新生地球で、

融合を終えてから、

再び逢う事を決めてきた事も。

 

その奇跡に、

ただただ涙しました。

 

人間だから、

身体の中に血がめぐっているのだけど、

なんていうか、

愛が流れているのが感じられるんです。

 

お相手への愛と、

お相手からの愛で、

その愛だけで、私が出来ているのだと。

 

あなたも、

お相手への愛と、

お相手からの愛で、

あなたが出来ていることに、

今ここに存在していることに、

やがて気づいていかれるのだと思います。

 

魂の伴侶との融合は、

こうやって実際の現実の事象に関わらず、

目に見えない素直な魂の想いの意識の領域で行われてゆきます。

 

だから、ある意味、

最終のお相手と関わっているのならば、

その意識領域で事が進むように、

必ずや、現実的に交流のできない期間、

離される期間を持つ事になるのだろうと思います。

 

現実的には、

試練の期間と捉えられていますが、

宇宙的には、

量子力学の世界の、

真の融合においては、

本当に恩恵の期間なのだと感じます。

 

そして、

こうして真の融合まで進んだのならば、

それがゴールの様であって、

実はそうではない事も、

みなさん、もうお気づきだと思います。

 

ここからがスタート、

本当の始まりなのだと。

 

こうして、

意識と肉体が5次元へと移行する事で、

本当の新生地球における、

2人の創造した世界、

2人が決めてきたであろう光の道を、

進んでいくことになるのでしょう。

 

いつも、

導き守って下さっている神々や、

高次の存在達からは、

常にツインレイ達の関わりの、

最終の光景を見せて頂いています。

 

それはそれは光に包まれた愛の世界、

レムリアの愛の時代の様な、

けれどもっと愛に溢れた新しき時代、

沢山の対達が、

それぞれにそばに寄り添う姿を。

 

ただ、私自身の学びでもあるので、

この様な融合の段階など、

宇宙的な事象に関しては、

途中、何が起こるのかは、

先には教えてはくれません。

 

けれども事が起こった時に、

高次からすぐに導きを頂ける事が、

私の個性だと今では感謝しています^^

 

だから、こうして体験し、

時には慌てながら、

紐解くために導きをうけ、

それを自分の中で暖め、消化し、

皆さんにわかる様に分かち合う事が、

私のやりたかった、

愛の光を広げていく事の1つなのだと感じています。

 

きっとこれは私にしか出来ない事だろうから^^

 

そしてまた、

皆さんにしかできないやり方で、

その愛の光を、

ご自身と、お相手と、まわりへと、

広げていって貰えれば何よりです^^♡

 

とても長きに渡る、

融合ついての連載長文、

お読みくださりありがとうございます♡

 

追記:一番大切な事、この連載を書くにあたり、

共にいてくれた愛する伴侶と、導き守って下さった全ての存在達と、

何気にそっとしておいてくれた子達と、

ペロペロマンのクウタと、

全ての愛する皆さまに、感謝の言葉を送ります。

本当にありがとうございました♡

 

あ、ブログ終了じゃないょ^^;

 

 ※コメントは返信無しの承認公開のみとなりますことご了解ください。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Risa. (日曜日, 15 11月 2015 00:27)

    Mokoさん
    ブログ終了じゃなくて、ほんと良かったです♡

    ここに書かれているようなこと、わたしも体験していくのですよね!?って聞きたくなりました(笑)
    でもなんとなく、ほんとなんとなくだけど「あぁ…そういうことなんだ」「いつかはそうなるんだな」って、自然と思える部分もいくつかあって。
    魂はもう知っているはずだから、きっと“そうそう^^♡”って、読みながら頷いていたのかもしれませんね(笑)
    分かりやすく説明してくださり、ありがとうございました。
    Mokoさんとお相手さまの素敵な愛の光、本当にありがとうございます。

    先日、さそり座パワー!?で急遽彼に会いに行くことができました。
    大好きっていう、シンプルな想いを素直に感じ、その想いを伝えていたからなのか?最近、何かが変わり始めているような気がしています。(彼の意識?)
    たまに胸の真ん中がドクンってなったり、彼のことが愛しくてたまらなくなったり。
    こんなにも素直に大好きだと感じられていることに、喜びと幸せが溢れてきます。
    でもこの想いが募っていったら、わたしも彼に会いたくて会いたくて泣き出しそうだ…なんて、最近ふと思ってしまいました。
    おそらく今はエーテル体の融合中!もしくは、準備中。
    この想いを認め、素直に表現していきます♡

  • #2

    サチネコ (日曜日, 15 11月 2015 01:01)


    Mokoさま

    融合の全過程
    壮大なスケールで何日間にも渡って行われるのですね@@

    まるで違うことかもしれませんが、
    ここ最近11月に入ってからとみに、輪をかけてボーッとしてまして、
    先月は彼がらしくないこと、スイカやナナコに
    残金が入っていないでチャイムが鳴るという失態を2回も、
    計画的で備える性格の彼が3年間一度も見たことのないことをしていて…
    それをやるのはいつも私なのに、あれ、どうした?
    行動や思考も感染るものか? サチ化してきたねって笑ってました^^

    徐々にじゎじゎ来るのかな?
    ちがうか 笑

    11日、朝洗面していたら、
    左の耳に耳鳴りが2回しばしして
    「一つところより出でし…」
    となんとなく頭の中に聴こえたんです。
    「??」

    で、その日の空はすごくて!
    そら中が大きな龍神雲やら飛行機雲で航空ショーでもあったんかぃという位、清々しく爽やかなエネルギーの帯に満ちていてスケールがでかい
    それも、たくさんのその雲が同じ場所から発生している?集まっている?かのように一つところより始まっているんです@@
    朝の言葉はこれのこと?と思ってみたり、
    まだよく分からないのですが…

    ちなみに、月のものが来ないなんてこともあるのかな?
    まったく身に覚えはありませんが 笑

    色々不思議ですが、
    地に足つけて日々過ごさないと…ですね^^;

    Mokoさま
    長編の連載、ありがとうございました♡

    いつか、死ぬまでには来るかも?
    と半分楽しみにしています^^*



Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム