2015年

12月

02日

アインシュタインはわかっていた♡

先日、

魂の友から頂いた情報。

 

アインシュタインが、

若くして授かった娘、

リーゼルへ宛てた手紙達。

 

1980年代の末、

アインシュタインの娘リーゼルは、

父から彼女に宛てられたこの1400通の手紙を、

父親の死後20年間は内容を公開しない、

という指示のもとヘブライ大学に寄付したとされています。

 

その手紙の中の一通。

 

「その時」が来るまでは公開しないことを、

アインシュタインは手紙の中で、

苦渋の想いと共に懇願していて。

 

~~~

 

「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下記に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前に、この手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、ある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含み、かつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

この宇宙的な力は、愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らは、この最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。それは愛を与え、かつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。なぜなら、ある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。なぜなら、それは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

愛は神であり、神は愛だ。

この力は、あらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが、私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない、宇宙のなかの唯一のエネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

「E=mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った、と。

私たちを裏切る結果に終わった、宇宙のほかの諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちがほかの種類のエネルギーで自分たちを養うのは急を要する。

もし、私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし、私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし、私たちがこの世界と、そこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

おそらく、私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を、完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機を持っており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

私たちがこの宇宙的エネルギーを与え、かつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、
私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛にはなにもかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

なぜなら、愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートのなかにあるものを表現できなかったことを深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。

恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、私がお前を愛しており、お前のおかげで私が究極の答えに到達したことを、お前に告げる必要があるのだ。

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン

 

~~以上 ネットより転載~~

 

この手紙を読んだ時、

涙がでました。

 

私達がやろうとしていること、

ずっとブログでも書いてきた事を、

懐かしいじいちゃんに、

認めてもらえた様な気がして、

とてもとても嬉しくなりました♡

 

過去記事の、

「ツインレイ その50 すべては愛」でも書いていますが、

過去の偉人達や、

世界中の神話の謎は、

謎として残す事が、

全て今に繋がる事を知った上で、

真実を隠す事を苦渋の想いで認めた上で、

敢えて皆、その時代にとって最良の任務を果たしてこられたのだなぁと感じ、

その愛の大きさに、

改めて深い感動を覚えました。

 

「相対性理論」では、

質量を持つエネルギーは、

光速では進めない。

 

けれど最近発見されたニュートリノは、

素粒子でありながら質量があること。

 

そのニュートリノが、

融合の愛のエネルギーと深く関わっているのではないか?という記事は、

最近「ニュートリノ★」で書いていますが、

 

このリーゼルというアインシュタインの娘さんは、

彼が最初の結婚のきっかけになった、

初めてのお子さんなんです。

 

けれど、

彼は一度として彼女に会う事なく、

この世を去っていて。

 

その背景にどんな事情があったのかは、

計り知れないのだけれど、

 

個人的には、

彼は、娘リーゼルを、

私達が魂の伴侶を愛する様に、

離れていても時空を超えて、

愛し続ける事で、

「融合の愛のエネルギー」を味わい、

それが「真の愛の光」であることを知ったのだと感じています。

 

その時代では、

きっと理解などされなかった、

量子力学の世界であり、

ましてや、

その愛のエネルギーが、

光速で行き交う事ができて、

そのまわりへも波紋の様に影響する事も、

彼は充分すぎるほど知っていたからこそ、

科学や理学の世界への探求を促す為にも、

敢えてその発見を謎に包んだまま、

「その時」がくるまで公開しない事を約束として、

愛するリーゼルに、

その真実を託したのだと思います。

 

とても個人的な直感では、

ニュートリノ自体が、

私達人間のあらゆる想念なのではないのかな?

なんていう説もアリなのかなって。。

 

喜びや、怒りや悲しみや、

色んな形に変化し、

かつ、想念達は、

どんな時空間をも越える事ができます。

 

けど、それらは、

詰まる所、

根源の愛の元に生まれ出る物達で。

 

ネガティブな感情達を、

人はついつい良くないものとして、

追いやってしまいがちだけれど、

内なる愛の旅路の中で、

必ずやどれもが存在して良い事に気づき、

全てが融合された上で、

「愛の光」が輝いて。

 

自己の融合、

愛する人との融合の末に感じる、

「真の愛の光」とは、

ニュートリノの三種あるうちの1つなのか、

あるいは合体なのか、

あるいは、変化していたニュートリノ自体が、

「愛」という根源の愛の光の形へと、

ある意味融合するのか、、、

 

その辺りは科学者じゃないのでわかりませんが^^;

 

どちらにせよ、

その融合された「愛の光」は、

限界などなく、

「永遠の愛の光」であり、

光速の2乗で増殖してゆくものなんです^^

 

彼が、幼き頃から、

「光」だけを追い続け、

幼き子供の様に、宇宙に問い続けてきた道は、

 

今、私達が「光」だけを追い続け、

同じ様に、宇宙に問い続けている道は、

 

実は、

その「愛の光」によって、

全て導かれていることを、

彼も、私達も、

みんな本当は知っているのだと感じませんか?^^

 

何故なら、

「その時」は、

この、今の時代であり、

 

その「永遠の愛の光」の発電機は、

みんなの、

一人一人の中にあるのですから^^♡

 

  ※コメントは返信無しの承認公開のみとなりますことご了解ください。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    0413 (水曜日, 02 12月 2015 11:12)

    MOKOさん いつもありがとうございます。

    すごくコメントしたいけど 何を言ったらいいのか分からないです。
    ただただ 涙が止まらない。
    この感情は 何でしょう?
    切ないような嬉しいような 苦しいような温かいような。

    『その時』なんですよね?
    開示していいんですよね?

    なにからどう開示したらいいのか 全く分からないけど
    私の中で疼くこの感情は
    きっと外に出たがっているんでしょうね。

  • #2

    ふうせん (水曜日, 02 12月 2015 14:13)

    読み流しながら、不思議な光景が目に浮かびました。
    素晴らしいですね。ちょっと、胸がどきどきとします。
    再び、ゆっくりと読み、感じたいと思います。
    ありがとうございした。

  • #3

    (水曜日, 02 12月 2015 17:30)

    私も涙が出ました。

    素晴らしい情報をありがとうございます。

  • #4

    Fairy-K (木曜日, 03 12月 2015 12:42)

    何を言ったらいいのか、本当にそうですね。。。
    彼がたどり着いた究極の答えに、驚きと同時に、やっぱりそうだよね、だよねだよね!
    という、うれしさと共に久しぶりにコメントさせていただきました^^
    そして、長文で申し訳ないです(><)

    もこりんの読み解き、そしてその表現は、科学者じゃないのに科学者であるかのような解釈で、アインシュタインと同じ研究室でずっと一緒に研究していたかのような(笑)
    そんな光景すら感じてしまいます。

    アインシュタインが託した手紙を読んで、こんなにも心が震えるということは、愛の真実を知っているからなんだなって、改めて気付かせてもらえました。
    だけれど・・・そう、手紙にも書かれているとおり、愛を恐れている私もいます・・・。

    アインシュタインは全てを紐解き、この究極の答えにたどり着いていた。
    そして、そのことを、この時代に託した。
    真実をどうしても伝えたい想いが、本当に強く伝わってきます。
    人類よ、このことは真実なんだ、本当なんだ、どうか知ってくれ、伝わってくれと。

    アインシュタインがこんなにも伝えたいこと、私も、本当は知っているのに・・・。
    なのに、まだちゃんとわかっていないし、実践も出来ていない。
    逃げているような、目をそむけているような、知っているのに、それを信じ切れていないような。
    私自身、日々、そのことがとてもとても情けない思いでいます。
    でも、今はまだ情けないけど、だけど決して諦めはしない。
    なぜなら、私は見たいからです。
    アインシュタインが伝えたかった、人類が愛だけになったときの光景を、私はどうしても見たいのです。
    普通の感覚だったら、そんなことは現実にはありえないこと。
    でも、この時代、今の時代なら、アインシュタインが説いたことにたどり着けるんじゃないか。
    そう願ってやみません。

    私は、ツインレイと出会っているわけではないけど、愛が全てであることを幼い時に知っていたことを思い出しました。
    世界は、みんなが愛だけになったら、必ず平和になるのになって。
    私は戦争をなくせる。私にはそれが出来る。
    そう信じて疑わなかった、幼いころの私を思い出しました。
    生きている間に、すっかり忘れて、無関心にさえなっていたかもしれません。

    このブログのみなさんのコメントを読んでいると、今の私にはとても出来ないことをされていて、ただただ頭が下がる思いです。
    心から尊敬します。
    お相手のことが愛しくて、愛しくて、流したたくさんたくさんの涙は、愛の光の結晶のようで、癒しのしずくで、ただそれだけで、地球も宇宙も癒しているのではないかと、それほどのエネルギーを放出しているのでないかと感じます。
    泣いているときの感情は、苦しくて切ななくて、ひとりではとても抱えきれないほど、とてつもなく大きいのだけれど、だけれども、それはとても美しい愛であふれた癒しのしずくだと、感じてなりません。
    ツインレイと出会った人たちの、たくさんたくさんの苦しい想いや葛藤から、必ずやたどり着く、アインシュタインがたどり着いた究極の答えに、もこりんがたどり着いた究極の答えに、地球上のひとつでも多くの人類、魂たちがたどり着きますように。
    そして、そのたくさんたくさんの愛たちが起こすキセキのひとつに、私もなりたいです。

    人類が愛だけになったとき、どれだけすごいことが起こるのでしょう。どれだけステキなことが起こるのでしょう。
    アインシュタインが伝えたかった、でもたどり着けなかった、愛の力の実証をしたいですね☆

  • #5

    ちゅちゅら (木曜日, 03 12月 2015 23:37)

    mokoさん、お久しぶりです^ ^
    デジタルやアナログ、科学やスピリチュアル、闇の中にさえ必ず存在する愛。まさに無敵ですね。
    手紙を読んだ後、「会いたいなぁ…凄く会いたいよ〜><」と、とてつもなく彼に会いたくて会いたくて堪らなくなりました。彼は私にとって究極の愛です。
    魂の伴侶もしかり、周りの人達も、何もかも許せて分かち合うキラキラした世界を私も見たいです^ ^

  • #6

    サチネコ (土曜日, 05 12月 2015 00:00)


    同日FBでこの手紙をシェアしてくれていた方が2人いて
    朝から読んで涙でした

    素晴らしいですね…

    スーパー科学者のアインシュタインが
    自身の中の叡智から見出した究極的な答え
    宇宙のおおもととなる力を
    紐解いてくれていた…
    そして時がくるのを待っていた

    たくさんの方がシェアしているこの波
    ”今”なんですね

    愛は無限で…
    生命に意味を与えるもの
    私たちの中には『愛の発電機』がみなあって
    世界を癒す力をもっている

    愛の発電機の存在に
    それぞれが薄っすらと気づきだして
    動かそうとし出しているのですね

    欠乏の不安からエネルギーの取り合いや
    制御できない力を手にしてきた人類も

    分かち愛、
    無尽の愛の相乗的な力を産み出す存在に
    転換したいと
    目覚めの時が来ているんだと感じました…


    お相手がいても いなくても
    それぞれが駆動のスイッチを押す作業をしていて

    先駆けてメッセージを遺してくれていた
    その予言の時を
    こうして生命を輝かそうと
    生かしてもらえていることに
    祝福されていると嬉しくなります


    Mokoさん
    素晴らしい記事をありがとうございます♡

    またFairy-Kさま
    ここに集う同志さんや個人的にyellをもらえた気がして…
    じゎぁんとしちゃいました
    ありがとうございます♡










Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム