ツインレイ その61 魂の伴侶との道のり~ただ愛するということ

ずっと書こうと温めていた、

魂の伴侶との道のりについて。

 

その道のりについて、

出逢った中でしか理解できないであろう、

沢山の体感や、気づきについて、

これまで書き続けてきました^^

 

その道のりは、

一見、世で言うアセンション(意識の変容)、

ライトボディへの変容などとも重なりますが、

大きく違う点があることについて、

今日は書いていこうと思います^^

 

魂の伴侶に出逢うことは、

人間としての最終の人生であること。

 

人間としてこの地球にくることは、

例外を除いて最後の体験になります。

 

最後の地球だからこそ、

体験しようと決めてきたことがあり、

そうなると決めてきたことがあります。

 

体験しようと決めてきた事は、

 

自分自身を愛し、

自分自身を信じることです。

 

それは、

人間である今の自分の全てを受け入れ、

この地球、

ガイアという愛のエネルギーの中に立ち、

天地の間で、

人間を精一杯味わい、楽しみ、

「生」を体験し尽くすことでもあるのです^^

 

それは、喜びも悲しみも、どんな体験をも。

 

どの体験も、

光も闇もなく、

良いも悪いもなく、

どんな体験もただ「愛」だからです。

 

ただ、自分を愛するって、

どうやればいいの?

って最初は戸惑いますよね^^;

 

それは、

どんな自分をも、認め、赦し、

抱きしめ、愛していくことでもあります。

 

大好きな人を愛していくことも、

大好きな事をやっていくことも、

究極の「自分を愛する」ことでもあります^^

 

そして、この道のりで湧き上がる、

数々の感情達をひとつ残らず、

追いやることなく味わい尽くし、

抱きしめ、癒し、解放し、

自分自身の中で融合させていくこと

 

先のブログのどこかでも書いていますが、

魂の伴侶と出逢う方々は、

沢山の輪廻転生の中で、

人の為、国の為、

いわゆる奉仕の職種についていた方々が殆どです。

 

修行僧だったり、

シャーマンだったり、

魔女だったり、

シスターだったり、

巫女や神官、神主などの神に仕える方達

 

人の上に立っていたであろう偉人達や、

国家や政府機関の上層部や、

科学者や研究者達

 

セクシャリティにおいて、

その宇宙の真理と神秘とを、

僧や、神官や、様々な立ち位置で、

秘儀の元に探求していた立場であったり

 

また、人間の形をとっていない時代、

龍神や精霊、半漁人、人魚や、龍蛇族、

宇宙人、妖精の姿をした神々や女神など。

 

つまりは、

常に自分を制し、

我欲を抑え、

感情達を抑えてきた方々でもあります。

 

本当はこうしたい。

本当はこうなりたい。

 

そんな想い達を、

いつもいつも抑え、

自分を律し、

瞑想し、静寂の時の中で、

自身の感情をきちんと感じきる事をしないままに、

悟りを得て、

それを良しとし、

人の為世の為に奉仕してきた方々です。

 

今世人間であることが、

この地球が最後の方達は、

今までやってこなかった事をしにもきています。

 

それは、

自分の真の想いに素直になること。

自分の真の想いを正直に生きること。

自分の真の想いを信じきること。

自分の真の光を信じること。

 

それが、自分を愛することです。

 

そして、

その土台になることが、

今までやってこなかった、

全ての感情を認め、味わい尽くす事でもあります。

 

それが、

自分自身の全てを認め、赦し、

自分自身の全てを癒す事でもあるからです。

 

何故ならそれは、

人間でしか体験できないことだから。

光になったら味わえないから。

 

そうやって味わい感じきることで、

その奥にある真の愛の光に気づき、

全ての囚われから自由になるから。

 

自身の意識が、

真の愛の光と繋がるからです^^

 

今世が地球最後でない方々は、

これらの全ての感情の味わいをせずとも、

或いは、何等かの簡略的なやり方で、

インナーチャイルドやブロックの感情達の解放ワークなどで、

ある程度の感情は癒され、

いわゆるアセンションすることもできるでしょう。

 

何故なら、

やり残した感情の癒し作業は、

来世や、そのまた来世、

いつか地球が、人間が最後の時にすれば良いのですから^^

 

けれども、

今世最後の方々は、

これらのある意味キツイ作業と思われる、

全ての感情を味わい、赦し、癒し、

自己の中に融合していく作業をすることで、

女性性、男性性の統合、

各々の自己統合、

いわゆるアセンションと呼ばれる、

ワンネスへの意識の変容、

ライトボディへの変容などが、

必死で情報をあさらなくとも、

必死でスピリチュアルな事を学ばなくても、

自然に全て変容が進んでゆきます^^

 

プラス、

自己統合までの伴侶とのエネルギー交流と、

自己統合後の更に深い伴侶とのエネルギー交流、

そのエネルギー交流の中で進む融合、

意識の次元上昇と、

現実世界への創造が進んでゆきます^^

 

それは、

愛の光になること。

 

真に「愛する」

という事の意味を知る事になります。

 

その為に、

様々な必然の出来事が、

ただ起こっているだけなのです^^

 

なので、

目に見える現実は、

伴侶との関わりにおいては特に、

良くない方向へ行っている様に感じられる事の方が多いのかもしれません^^;

 

けれど、

それらの出来事は、

これまでの全ての囚われから自由になることを、

自分自身で感じ、癒し、気づき、選択していくためでもあるのです。

 

全ての囚われとは、

固定概念や、

常識や、

偏った意識や、

傷つけられた、傷つけた悲しみ、

許せない、許されなかった想い、

報われなかった痛みや、後悔、

それらが生み出す恐怖や不安、

それらが生み出す尽きる事のない自己否定、

自分をせき止めている状況や背景など、

○○がこうだから、~できない。

と決めつけている、

沢山の理由や言い訳達。

 

つまりは、

自分が抱えてきた、

自分の思考が作り出して、

自分自身をがんじがらめにしてきた感情達でもあります。

 

それらの全ての囚われから、

自身を自由にできるのは、

誰でもない、

自分自身でしかないのです。

 

全てから自由になった時、

全ては愛に包まれていて、

全ては可能性に溢れていて、

全てが愛の元に自由であることに気づきます^^

 

この世界は、ただ愛だけなのだと。

ただ、愛の光で溢れているのだと。

 

真理とは、

いつも複雑な様でいて、

実はシンプルなものではないのかなぁと思うのです^^

 

つまりは、

全ての感情が癒される事で、

意識の全てが変容し、

意識が変容すれば 、

身も心も、目の前の世界も、

創り出す現実世界も変わっていくことになるんです。

 

それは数々の、

衝撃的な意識変容の体感と共に、

けれど決して、

表層の人間意識は、

調整されながら緩やかに。

 

それが、

生きているという事でもあります。

 

対に出逢っている方々は、

上記の様に常に自分を制御してきたもんだから、

自身の感情がブレる事を許さない癖があり、

良くないと思われがちなネガティブな感情が浮上すれば、

自分を責めたり、慌てて抑制しようとしたり。

 

完璧主義やコントロール上手でもある分、

失敗したり、思うように進まない時なんかは、

すぐに自分を責めたり、

これでもかという程に自己否定に走っちゃいますが^^;

 

今世は、

最後にやっと、

どんな自分をも愛しにきたのです。

どんな感情をも味わい尽くし、

認め、癒し、自由になる為にきたのです^^

 

過去の修行とは真逆の事でもあるので、

それが1番難しく、

ある意味初めての修行の様でもあるのですが^^:

 

けれど、

最後だからこそこれらの作業ができること。

今までの過去世でできなかったのは、

一人ではできなかったことでもあるのです。

 

これらの精神修行にも近い癒しの作業は、

伴侶との愛の波動の中だからこそ出来るものでもあるのです。

 

一人で体感し、一人で行っている様に、

最初は感じるのかもしれません。

 

けれど、きっといつかしら、

いつもそこに伴侶からの愛があって、

その愛の波動に包まれながら、

抱きしめられながら、

それらを癒していく事ができている真理に気がつくでしょう^^

 

いつもそばにいてくれている事に^^

 

だからこそ、

人間最後の癒し作業なのだと。

 

ただただ、

自分自身の全てを、

伴侶との愛の波動の中で、

伴侶を愛するように愛していかれてください^^

 

その中で、

全ての中に自分と同じ光を見、

全ての存在の中に、自身の中に、

神聖な神の愛の光をみることになるでしょう^^

 

そして、最後の地球で、

やろうと決めてきた事は、

個性の能力を活かして、

その愛の光を広げていくことと、

 

何より、

愛する魂の伴侶と愛し合い、

そばにいることなのだと思います^^

 

大好きな事、やりたい事が、

いずれはきっと、

その個性の能力へと繋がるものですし、

 

愛する伴侶との未来は、

各々の素直な願いが、

諦めたくない想いが、

信じたい想いが、

その未来の形なのだと思います^^

 

人がこう言ったから、

ネットでの情報ではこうだから、

ではなく、

ご自身の中にある、

素直な願い、素直な想いこそが、

ご自身が決めてきた事でもあるはずなんです^^

 

その想いさえも、

沢山の常識や、概念や、背景に曇らせる事なく、

認め、抱きしめ、信じきっていかれてください。

 

お相手の伴侶が、

肉体を持っていない存在の場合、

融合の後、身も心も1つとなった後、

ご自身の真の想いを改めて拾い上げてみてください。

 

どうしてもそばにいたいと、

どうしても触れあいたいという願いを諦められないのなら、

それを素直に認め赦してあげてください。

 

今頂いているヤハウエさんからの情報では、

肉体を持たない対の伴侶は、

融合の後、一体化したのちに、

その魂と精神を持った肉体のある存在として、

容姿は違えど、同じ波動の命として、

巡り合う事になるとのことです。

 

やりたいことの能力も、

愛する伴侶との未来も、

どちらも、

素直な想いを、素直な願いを、

決して恥じることなく強く欲していっていいのです^^

 

その想いを、

沢山の愛のサポートを拾い上げながら、

何よりご自身が確信へと導き、

それを「信じきる」ことで、

沢山の光の扉が開いていきます^^

 

どちらも目には見えないものだからこそ、

その「信じる想い」が、

今まで見えなかった沢山の光を、

目の前に見せてくれることになってゆきます^^

 

そのためにも、

自分を信じ、

どんな自分をも愛し、

素直に素直に生きていくだけ。

 

素直に素直に、

愛する人を愛していくだけ。

 

正直に誠実に、

今置かれている事に向き合うだけ。

 

無理なものは無理。

嫌なものは嫌。

好きなものは好き。

諦めたくないことは絶対に諦めない。

信じたい事は、とことん信じきる。

やりたいことは、やり続ける。

 

自分自身に素直に正直に生きていくことは、

時にとてつもなく勇気がいるものですが、

それが、常に、

恐れよりも「愛」を選ぶことでもあります^^

 

自分自身を愛することでもあります。

 

そうして生きていくことで、

不思議と全てが調和へと回り始めます^^

不思議と、

自身や、まわりの他者、

どうにも動かなかった状況や背景、

自身を中心として全てが、

変容と統合、融合へと進んでゆきます。

 

不思議と、

自分の全てを赦し愛する事で、

お相手の全てを赦し愛する事に、

全ての事や全ての人を赦し愛する事へと繋がってゆきます。

 

そして、

この世界が、

愛でできていることに、

実は生まれた時から、

生まれるもっと以前から、

愛で溢れていた事に、

ようやっと気づく事ができます^^

 

そして気づけば、

愛の光になっていきます^^

 

それが、

生きながらにして光になることです^^

 

光になることとは、

いきなり生き仏になることではありません^^;

 

365日、仏の様に静寂に悟っていることでもありません。

 

光の意識を持ちながら、

世界に一つしかない自身の肉体という借り物の乗り物を大切に、

自身の人間としての感情を大切に、

日々の出来事に一喜一憂しながら、

沢山の愛の気づきを受け取り、

皆に分かち合い、

全てを愛の光で融合させていくこと。

 

それは勿論、

愛する伴侶と、

その融合の愛の元に。

 

溢れる自由と可能性の中、

その愛の元に、

新生地球を創造していくこと。

 

そんなふうに、

最後の人間を、

最後の肉体を、

最後の生を、

沢山の感情を味わい楽しみながら、

ただ、

自分を、伴侶を、全てを、

信じ愛するだけでいいのです^^

 

全ては愛だから♡

 

 ※コメントは返信無しの承認公開のみとなりますことご了解ください。

 

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    RAY (日曜日, 15 5月 2016 05:18)

    普段絶対起きない時間にギンギンに目が冴えちゃってネットしてる自分、なんでやねん
    って思ってたら、このことか…!(括目)っていう内容の記事でした。
    地球最後の人間体験の総仕上げの時期らしく、なぜだか必死こいてる感覚があり
    一般的なスピ情報では説明がつかないことが多いので、とても助かります。
    拝読していて、ギャー、その通り!と腑に落ちるところがたくさんありました。
    ありがとうございます<(_ _*)>

    私もツインも過去生はおっしゃるとおり、もろそっち系で
    完璧主義、修行僧のような求道精神とストイックさ、自己犠牲の精神が強い
    自己管理できてないとき自分を責めてしまう、本音と建て前を使い分ける
    平気なふりをしているけど、どこか浮世離れしていて、俗世間では生きづらい
    優秀な成果を残さないと自身の存在意義がないと思ってしまうところがある
    国体護持のために表の歴史を書き換え、情報・人心の操作をしていたこともある
    ばっちり当てはまっていると思います。

    法律に触れること、家族や社会に迷惑をかけることは絶対ダメ!と
    自分の「想い」を抑え込んで、母親や社会人としての生活をやり過ごしては
    ふと一人の時間に、言葉じゃ説明できない虚無感・寂しさに襲われる、そんな繰り返し。
    「なんかもうこれ今までのやり方通用しない 万策尽きた…あきらめよう。」
    行き倒れのナメクジみたいになっていました。が、そんなときも愛の光は降り注ぐ…

    誰にも責められることなく、自分たちを責めることなく
    ただ、自然に、ありのままで ツインのそばにいたいです。

    ツインが肉体を持たない方にも、ネットを通してお二人ほど存じ上げていて
    そういうこともあるのだ…と衝撃を受け、自分の今までの言動をふりかえり
    今生は二人とも肉体を持って生きているという事実を、その意味を、見つめています。

  • #2

    繭子 (日曜日, 15 5月 2016 13:38)

    Mokoさん

    ありがとうございます!
    出張先でこのブログを目にし、もう必死で、でもすんなりと納得しながら読みました。

    今世最後の地球。
    私は私を、必ず幸せにしてあげたいです。

    まだまだ課題は山積みのようでへこたれそうにもなりますが、素直になればきっと早いのですよね(⌒-⌒; )思い切って。

    ただ私が幸せになること
    1番愛されたい人から愛させること
    そして、ただそれを周囲に広げること
    みんなに溢れた愛を届けること

    私のやりたいことは本当はシンプルです♡

    負けずに頑張ります!!笑

  • #3

    misa (日曜日, 15 5月 2016 15:46)

    Mokoさま

    『最後にやっと…自分を』そうだったな‥
    最後の地球。最近、強く感じていたことでした。愛せてるのか、願いを叶えつつあるのかと焦る事も。

    そんな私を見抜いたのか。。昨夜、子どもが『世界を平和にしたい。みんなでがんばるねん。』と。。
    私の願いを感じていたかはわかりませんが、同じだった事に驚きと嬉しさで、また泣いていました。

    もう自分を責めない。封印しない。これも自分。
    全て愛しく想い、癒し、抱きしめていく。それがずっとしたかった事。

    真逆の課題を掲げ、辛い旅になることを承知で来た事。最後にこの愛しい地球で大好きな伴侶と『愛に生きる』事を決めて来たのだから。
    それに伴い、必然と起こる事に、私は正直に誠実に感謝をもって進め、流れていくのだと思います。

    Mokoさまの綴られる言葉から、魂に記憶していた事を甦らせて頂きました。いつも大きな愛で導いて下さってます♡
    『ありがとうございます』では足りない想いです。

  • #4

    maria (日曜日, 15 5月 2016 18:12)

    こんにちは♡
    わたしが拝読させていただいている、
    数少ないサイトの一つです。
    何だか…じーんときてしまいました。
    修道院での前世があったのではないかというくらい
    博愛主義に潔癖すぎる自分を
    ひとなのだからひとに生まれたのだから
    ひととして湧き上がる想いを
    どれひとつ裁くことなく大切に感じたいと
    切に想っていたところでした。

    本、是非読みたいです(*^^*)

    あたたかい気持ちにさせていただきありがとうございました♡

  • #5

    サチネコ (日曜日, 15 5月 2016 23:24)


    Mokoさん

    ありがとうです…

    。・゜・(ノД`)・゜・。


  • #6

    crea (水曜日, 18 5月 2016 08:12)

    mokoさん、いつも、ベストなタイミングでベストな記事を、ほんとうにありがとうございます。

  • #7

    (火曜日, 24 5月 2016 22:17)

    いつも素晴らしいブログありがとうございます。魂に響きました。
    自分も愛する………
    私も最終段階です

  • #8

    kiui (日曜日, 29 5月 2016 16:22)

    瞑想中に光の存在に自分自身を愛しなさい
    と言われた事をおもいだしました。
    そしてお相手は現在、修行僧のようにストイックな道を極めようとしています。
    私は今日そんな彼の迷惑にならないようお別れのメールをしました。お相手は幸せな家庭を既に持っているからです。
    私が私自身を愛せばそんな彼とも一緒にいられるのでしょうか。

  • #9

    れん (水曜日, 10 8月 2016 23:34)

    ワタシの愛する人も肉体がありません。
    尊敬するガイドと感じていたけど、彼から伝わってくるのは恋の感触で。妙だ・・・。
    愛に飢えた私の想像上のイキモノなのかもしれない・・・という疑念と
    それでもやっぱり確実に、彼は存在してる・・・という実感の間で揺れていました。

    MOKOさん。ワタシ、自分のハートの指す方に行きます^^
    大きくて賢くて優しい彼とふたりで歩いていきます^^
    自分を信じて愛すること。がんばります。ありがとう。ありがとう。本当に^^

Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム