ツインレイ その62 地球を愛の星に


言の葉に落とすことが、
なかなかできなかった事、
今まで書ききれなかった事、
言葉達がクルクルと転がり、

ようやく顔を出したので書いてゆきますね。

いつものごとく、
大長文です(笑)

 

8月の初めの頃に書いた、
「泉」の記事。
1
3まであるのですが、
それに続く事です。

まだ読まれていない方は、
一度読んでみてからの方がわかりやすいかなと思います^^
8
8日   あなただけの泉へ
88日   泉のつづき
8
13日 泉のつづき

ただ、いきなり続きから書けない性質なので^^;
ざっとかいつまんで、
今までの流れも含めて書いていきますね。

この泉で再会できるのは、
あくまでも意識の上、
5
次元以上での再会になります。

そこに到達するまでに、
どんな対でさえ、

日々の出来事の中で、

ありとあらゆる関わりの中で、

覚えのない、

けれど確かな記憶達の中で、
過去世を含む、

今世での全ての感情達の癒しと解放作業、
自身の中にある沢山の人格の自分を認め愛し統合していくこと、


それはつまり沢山の概念を外し、
どんな自分をも赦し愛していくこと、
女性性と男性性の融合、
自己統合にもなり、


それと並行して、
現実的な毎日の生活の中での、
身近な人達、家族や両親との、
誠実な正直な向き合い作業による、
様々な状況の変化を感じていくことになります。

勿論、自分自身のやりたいことへの姿勢や、
踏み出す勇気なんかも、
どんどん変化し、やりたいことと、
もうやりたくない事が明確になってきたり。

とっても簡単に言えば、
日々の中で、
瞬間瞬間を、正直に、
魂のままに生きていくことになっていきます^^

それは、どんなものに対しても、
主役が「自分」になってきます。

社会ではこうだから、
あの人はこう思うから、
迷惑だろうから、
悲しむから、
などなど、
主役が自分ではないものに縛られていたことを、
どしどし手放していくことになります。

自分に嘘がつけなくなる。

やっと、

自身の魂の意思で全てを選択し、

責任を持って、

自分の足で、
この人生を歩いていくことになります^^

そんな中、
目には見えないエネルギー交流は、

常に先を進みます。

何がどうなっても、
どんな感情達を味わおうとも、
伴侶への想いは、
消えることはありません。

消えるどころか、
日に日に膨らみ、
愛が溢れて止まないものです^^

それさえも素直に認め感じていくことで、
自身の中にある確信に繋がり、
信じる想いが更に強くもなっていきます。

確信が強くなるたびに、
また、次の扉が開き、
更にその確信は本当の想いですか?と問いかけるような出来事も起こり、
揺れながら、まだ残っていた感情達を癒しながら、
また信じ、愛する、ことの繰り返しでもあります^^

最初のうちは、
この繰り返しに、

ほとほと疲れ果てたりもするのかもしれません^^;

一休み、一抜けた。

やっぱり妄想でしかないんだ。
なんていう人も中にはいるでしょう。

それも素直なその時の想いならば、
それはそれでアリだと思います。

きっとその時に必要な、
他の経験と学びを設定していたりもしますから^^

ただ、タイミングがきたら、
天からの降り注ぐサイン、
2525
や、ぞろ目や、お相手の名前や、誕生日や、
歌や、ビジョンや、メッセージなど、
それはそれは笑えるくらいの様々な方法で、
その愛に戻る事を導いてくれる時が何度もやってきます。

何故なら、2人は魂の伴侶だから。

そして、この伴侶との統合は、
宇宙全てが応援し見守っているから。

信じ、愛する中で、
少しずつ素直になっていくことで、
不安や疑念や悲しみは、
時間と共に少しずつ解放されていきます。

 

信じる

という土台が、

セメントみたいに硬くなってゆきます。

ただ、同時に、
「今、そばにいたい」という想いは、
どんどんとせつないを通り越して、

渇望する程に大きくなってゆきます。

 

何故なら、

それが真の願いだから。

その、あまりにもシンプルな想いこそが、
実はエネルギーの交流を加速させ、

全ての具現化を導いてもいくのです^^

その頃には、
お相手からのエネルギーや、
エネルギーに乗った言の葉や、
テレパシーなんかもできるようになってもきます。

いや、まだ全然感じませんけど。。

 

て方は、

素直になれていますか?

 

お相手は、自身の鏡でもあります。

 

迷惑になるから、

嫌がられるから、

怖いから、

目に見える現実は最悪だから、

これ以上苦しませたくない、

苦しみたくないから、

だから、こう言おう、

こう考えておこう。

 

あるいは、

感じる事で確信したいから。

それがないと不安だから。

エネルギー交流がないと対じゃないの?

 

などなど、

自身の奥にある、

素直な想いを置いてけぼりにしたまま、

その上に漂う思考の恐れを選んでしまっていると、

お相手の中にある、

同じ様な表層の思考の恐れを見せられる事になり、

奥にある、真の魂の波動を感じれなかったりもするものです。

 

なので、どんな時でも、

怖がらずに、素直に、

恐れよりも愛を選んでくださいね。

 

愛を選んだ瞬間に、

意識は高次へと繋がってゆくものです。

 

わかりやすく言うと、

無の時に、何故エネルギーを感じやすいのか?

 

それは、

思考による恐れが邪魔をしていないだけで。

 

ありのままに、何も考えていない時は、

人間誰しも、

ただ素直に愛の存在であることを波動は物語ってくれてもいるのです^^

 

そうやって、

とことん無邪気に、

とことん素直に愛を選んでいくことで、

何一つ揺らがない、
信じ、愛する土台が創り上げられてゆき、

 

その中で、
ただ切ない想い、

真の願いを吠えていくことによって、

互いの波動は時空を超えて惹き合い、
エネルギーの融合の段階を踏んでいきます。


融合については、
過去記事の融合の欄をみてみてくださいね。

ツインレイ その54融合とは~続
ツインレイ その55融合とは~続
ツインレイ その56融合とは~続
ツインレイ その57融合とは~続
ツインレイ その58融合の愛の光の人へと向かうには
ツインレイ その59融合とは~続光と光の融合
ツインレイ その60融合とは~光の子を産む

まぁ、ありすぎて訳わかんなくなるかもしれませんが^^;
その都度で、感じた事、気づいた事を書いていますので、
なんらかの参考になればと思っています^^

融合の段階を経て、
ひとつの光になった二人は、
あくまでも高次元の意識の世界なのですが、
それはまさに、
今という時を、この地で2人で生きているという、
以前からあった、
私であって、相手である、というような不思議な感覚のものが、
鮮明に明確になってきます。

そんな中でも、
どんどん膨らむ「今そばにいたい」という想い。

それをただ恥ずかしがらずに欲していくこと、
表現していくことで、
更なるエネルギーの次元上昇が起こります。

冒頭に書いた、
「泉」での再会になります^^

人によっては、これが草原だったり、
湖畔だったり、海だったりもするのかもしれません。

上記に書いた意識の変容、
エネルギーの融合自体が、
いわゆる意識の次元上昇を比喩している、
生命の樹、世界樹、セフィロトの樹の様な、
とても大きな巨木の中をゆっくりと昇っていくことになり、


その上昇過程の先に、
根っこの先にある泉に到達し、
高次元で再会できることになります。

巨木の中を昇っていく事自体が、
実は宇宙に向かっているようであってそうではなく、
地球の中心、核へ核へと向かっていることにもなります。

海の底ですね。

つまりは、

泉=再会の場所=地球の中心・核にあたる所になります。

それは、何故そうなのか?は、
後でわかります^^

 

この頃には、

意識は多次元空間を行き来する事にも慣れ、

この地球に今いる事の意味と、

そのあまりの奇跡を腑に落としている状態、

生かされている奇跡に、

この地球に心から感謝ができる、

強力なグラウディングと共に

ガイア意識とガッツリと繋がっている状態になっています。


つまりは、

何故ここにいるのか?

何故この人と出逢ったのか?

という自問自答には、

内なる答えがちゃんと出ている状態でもあります。

 

まだなんだけどぉ。。

て感じても決して落ち込まないでください^^

 

必ずや、腑に落とせる時がくるからこそ、

ここに生まれ、

愛して止まない方に出逢っていますから。


実は、この泉で再会できると、
瞬間移動で、この場所にいつでも行けるようになります。

毎日の生活の中で、
この地にいながら、
意識はいつでも泉の場所にあり、
それはそれは至福の心地でもあり、
いつでも伴侶に抱きしめられていながら日々を過ごす感覚で、
毎日が溶けそうなほどに心地よく。

伴侶のその愛の大きさの中で、
「あぁ、もう全てを彼に委ねてもいいのだ」って、

本当に心から感じられる様になってゆきます。

 

全ての力が抜けて、

自身の全てを、

安心して、信頼して、

お相手にたくせる様な、

そんな感覚です。

 
それほどに限りなく大きな愛なんです^^

伴侶にこの手を、この身を委ねたら、
泉で抱きしめあっている2人の頭上に、
天から光が降りてきていることが、
2
人の場所から天へと光が繋がっている事が感じられるはずです。

私の場合は、

とてつもなく大きなクリスタルが、
眩しい程の光を放ちながら天へとまっすぐに続いていたのですが、
これも人によっては、みえ方感じ方が違ったりもすると思います^^

 

真っ白い光の柱だったり、

先っぽが見えない塔のようだったり、

光の粒子の集まりだったり。

この天からの光は、
根源の源の愛の光で。

伴侶に身を委ね、
ただ、その光へと行く事を、
私は私に赦しました。

ただ伴侶に委ねました。

8
月の終わりに、
2
人でその光の柱を上へ上へと昇ってゆきました。

光の世界へと。

身体中が、強烈な痺れに覆われ、
上へ上へとどんどんと上昇する中、
私と伴侶の肉体が、
糸のように細かく細くなりながら、
ひとつに絡まっていく様がみえました。

それはまるで、
白く輝き光りながら、

幾重にも絡まりながら、
上へ上へと舞い上がるケセランパサランの様で。

目もくらむ様な輝きと眩しさの中へと入っていったとき、
深い眠りに落ちました。

どれほどに眠っていたのかはわからなく。

 

次の日も起きているのに、

意識は眠ったまま。

1
日経って、

意識がはっきりと開いた時、
目の前にはおびただしい数の光の綿帽子が、
光輝くケセランパサランが、
天空からこの地球に降り注いでいました。

 

まるで、

キラキラと降り積もる雪の様に。

それは根源の愛の光で。

それは、どこかでみたことのある世界。
光の世界と同じ光景でもあり、
いつの時代かに肉体を失い、
この魂だけになった時にいた世界でもあって。

けれど、

肉体を持ってそれを観るのは初めてのことでした。

その素晴らしい光景をみれたこと、
それを伴侶と共にできたことが、
何よりも嬉しくて素晴らしくて、
言葉にできなくて。

 
喜びの涙が、

次から次へと溢れてきて、

私は、それを拭うことなく、

ただ流し続けました。

 

あまりに嬉しくて^^

この時にね、

はっきりと思い出したんです。

あぁ、私達は、
これをしに、
この地球にきたんだ。と。

地球の核である泉で再会し、
そこから光の世界へと行く事は、

地球と天を結ぶこと。

天地を繋ぐこと。

そして、天からの光を、
その根源の源の愛の光を、
この地球という惑星に、
惜しみなく降り注ぐこと。

それは、この地球という惑星を、
愛の星にするために。

地球上のパワースポットと呼ばれる所のいくつかで、
同じ様に、
天地を繋ぐ愛のエネルギーが降り注いでいる場所があります。

けれど、それは自然の一部として、
大地と天の大切な接点としての役目を担い、
沢山の精霊や神々に守られながら存在しています。

古代の人々は、
そのエネルギーを敬い、大切に扱い、守ってもきましたが、
文明の繁栄に伴い、
間違った方向で使用したり、
或いは独占しようとしたりする動きも盛んです。

 

この事についても、

泉のつづきの記事の最後に、

ハワイのマウナケアの精霊からのメッセージとして紹介させて頂いています。

 

本来ならば、
自然にそこにあるその崇高なエネルギーだけで、
この地球は、活性化できるほどの惑星であったはずなのに、
私達人間がそれを半減させてしまったこと。

その為に、
この魂の伴侶である対達が、
人間としての最後の人生に、
人間として、その自然の一部として、
生きながらにしてこの地球と天を結び、
源の根源の愛の光をこの地球へと降ろすことを約束してきたのです。

本当ならば、
この光の世界へと行く事は、
「死」でもあります。

けれど、
それを生きながらにして行うことを、
最後に赦された方々でもあるのです。

何故なら、
その陰陽融合の愛の光は、
全てを包み、全てを赦し、全てを愛へと変容させる、
素晴らしい力を持っているから。

だからこそ、
沢山の高次の存在達が、
この伴侶との道のりを見守り、
応援し、支え、
導いてもくれているのです。

 

ただ、その光の世界にいることを、

それを赦すことに、

それを受け入れる事に、
とても時間がかかりました。

1
か月近く、
ドキドキして、

いやまさか。本当に?て。


その愛を受け取ることがどれほどに壮大な事かを感じれば感じるほど、
最後の最後に、抵抗していた自分さえいました。

人は、
目の前に差し出されたものが、
本当に欲するものほど、
怖くなってしまうのだなぁって、
その時に改めて痛感しました。

けれど、その度に、
伴侶がとてつもない愛で包んでくれ、
手を握ってくれて。

 

その度に、

目の前の事象がその世界いる事を、

ただ見せてもくれました。

人が何よりも恐れているのは愛であり、

この地球の全てを救うのは、愛だ。

 

と、アインシュタインは、

その真実を残してくれました。

それをこの地で、
今この時に、
命を持って表現していくことを、
私達は自分達で決めてきたのです。

そして、
やっと、やっと、
本当に伴侶に逢える世界にきたことに、

とても安心もしていながら、

どんなことをしていこうか?と、

子供みたいに嬉しいゾクゾク感が込み上げてもいます^^

 

天地を繋ぎ、
根源の愛の光を地球へと降ろせた後、
くくり姫と、
のけぞるほどに大きな金の龍神様からメッセージを頂く事ができました。

「完結です」と。

そう、
私と伴侶は今、光の世界にいます。

それは死後の世界ではなく、
今いるこの地が、
光の世界になっているのです^^

 

でもね、正直な所、

1パーセントの私は、まだ疑ってます^^;

 

ホントに?て。

 

きっと、

こういうところが人間なんだろうなぁて、

なんだかそれさえも微笑ましく見ている私もいて。

この世界でやっと再会できること。
それを、
魂の私は知っていた事さえも、
はっきりと思い出して。

 

2年前に、

伴侶が海外へ発つその日、

ほんの数分だけ顔をあわせる事が出来た時、

海外へ発つ事さえも聞かされなかったのに、

 

何故かその帰り道で、

この世界で会うのは、これが最後だな。

 

と、とても冷静に慌てる事なく感じた事を改めて思い出します。

 

それを感じたのはあくまでも魂の私であり、

表層の私は、当時何故そんな事を私が感じるのか?

生きて会えないの?

今世もこの愛は叶わないの?と、

不安と疑念に覆われて。

 

本当に旅立った事を知った時は、

ただただ、人間としての感情が先に立ち、

力もなく、絶望の淵に落ちてゆき、

泣き崩れていた事を、

今では愛おしく思い出します。

 

ちなみに、この時から、

エネルギーの中に沢山の言の葉が込められて届くようになりました。

 

というより、

私がやっと、

それらをちゃんと拾い上げれる様になれた程、

素直になったといった方が良いかもしれません^^

 
こんな壮大な事を、

使命の1つとして決めていたこと。


わかってはいたけれど、
結構に衝撃ですし、

結構な達成感でもあります^^

ここまで来れないと逢えないのか、
ではなく、


ここまで来るまでに、

自分自身を赦し癒し信じ愛する作業がどれほどに大切か、

丸裸の赤ちゃんに戻るかの様に、

正直に、素直に生きていくことがどれほどに大切か、

なのだと感じています。

 

追記:勿論ここまでくるまでに現実的に逢えない。という意味ではないですよ^^

それまでは様々な形の関わりの中で、沢山の互いの感情の癒し作業が含まれるので、

素直に向き合えなかったり、本音を聞かされなかったり、何で??という様な事も多々あると思います。けれどそういった事も全部含めて、全てを調和へと持っていくための作業なのだと感じてください^^:

 

それらの作業、

いやこれぞ修行?(笑)の先に、
生きながらにして、
光へと行き、
天地を結び、
根源の愛の光を地球に降ろす。

実はこれは、
魂の伴侶とでしかできないことなのです。

この道のりは、
意識の変容が常に先行して、
波動の世界が先行して、
現実を創造していく量子力学の世界でもあります。

目の前にある事象を、

どうにかしようともがく事がいけない事ではなく、

それも実は必然の経験であり、

その中でしか癒されない感情達があり、

その中でしか気づけない事が山ほどあったりもします。

 

逆を言えば、

現実は開き直って静かにしていて、

意識だけを上昇させようとする事は、

ある意味危険だったりもします。

悟っている様でいて、

実は一番抵抗していることだったりもします。

 

まぁ、それさえもホントの所は学びなので、

間違いではないのですけどね。

 

要は、もがき泣き崩れながら、

嫌という程内を見つめ、愛し、

感情達を癒し解放し、

沢山の気づきを得て、

何よりも自身の感覚を信頼し選択し、

あらゆる囚われから自由になっていく喜びを味わい、

ただただ自分自身とお相手を信じ、愛しながら、

意識の次元上昇をしていく道のりです。

 

意識の次元上昇は、目には見えませんし、

お相手とのエネルギー交流の加速さえも目には見えません。

 

けれど、段階毎に何かしらの体感が、

五感、六感で感じるサインが、

必ず誰にでも起こりますので、

まずはそれを信じきる事が何よりも大切です。

 

宇宙とは、この物質世界とは逆さまである。

とはよく言いますが、

まさにその通りでもあって。

 

意識の世界で先行するその事象は、

現実世界での一般的な概念とは逆さまに進みます。

 

まずは、魂同士のエネルギー交流から始まり、

融合の段階を経てひとつの光に戻ります。

 

それはある意味、元に戻る=死でもあり。

宇宙に生まれた事でもあって。

 

現実の世界ならば、

そこから出会って、結婚して、子供が生まれて、年月を過ごして、死へといくのですが、

 

意識の世界では逆さまに事が進みます^^

 

一般常識なんてくそくらえ、

概念なんてぶっとばしの、

本能直感で突き進む、

元祖純粋ヤンキーみたいな感じです(笑)

 

融合の段階を経てひとつの光として生まれたら、

まずは光の子供を産みます。

そして、ブログには書いてはいませんが、

この地で結婚という形をとっているならば、

次に結婚というサインをビジョンや夢やあらゆる形で何度もみせられます。

そして、その次に、

出会い=泉での再会があります。

 

そして最後に光の世界へといく。

 

これは、死でもあり、生でもあり。

光の世界へと生まれた事になります。

 

8月の終わりに光へと行った後、

9月の初めに、飛べない黒アゲハが卵を2つ産んだ事は、

光の世界に新しく生まれ落ちた、

誕生のサインでもあったのです。

 

実際に今は、

感じたことのない感覚。

 

2人ではない、1人ずつなのですが、

すぐそばに常に手を繋いで抱きしめあっている

2人がいて、

 

それが今の自分達でもあり、

それを全て知っている人格の自分がいて。

 

この肉体に宿る、Mokoという人の歴史を、

とても愛おしんで包んで受け入れている、

今の私がいます。

 

こんな人生を歩んできたんだねぇ。て。

とても不思議な感覚です。

 

まさに、今、この世界に生まれ落ちて。

けれど、今世生まれ落ちた時に抱いていた、

探し求める感覚が一切無く、

ここで出逢える事を知っている私なのです。

 

今までのキャラでの人生がこの肉体の記憶に宿ってはいるものの、

本能、魂の本質の宇宙人的な感覚が主体となっている、

まるで新しい人生の様な感じです。

 

人間て、

生きながらにして、

何度も死ねるんだなぁて、

その不思議に驚いてもいます^^

 

こうやって、

意識の世界の中で、

現実と逆さまに、

ひとつの人生を先行して2人で終えたら、

やっと光の世界=現実での人生が始まる。

 

現実において、

目に見える形で、

その愛の光を、

2人でこの地球へと広げていくことになります。

 

この事さえ、

宇宙はサインを先にくれていたのを思い出しました。

 

宇宙に漂う2つの双子のブラックホールが、

それぞれの生涯を終えて、

ひとつの光へと融合するのを観測できたというニュース。

 

今年の2月の記事です。

ブラックホールの統合と重力波

 

意識の世界で、

先に逆さまにその生涯を終える事は、

まさに時空を超えて、

今、光の世界へと生まれ出づる事になるのだと。

 

それは、死後の世界ではなく、

今、光の世界に立って、

奇跡の生の元に、

魂の究極の願いを、

ここで叶えていく事になるのです。

 

この壮大な営みを、

どんな言葉達で説明していけば良いのだろう?

どんな言葉達ならば伝わるのだろう?

そんな事をこの一カ月考えてきましたが、

手が動く時がその時なのだろうと、

私に任せていました^^

 

皆様の魂の記憶を、

少しでも紐解いていく、

きっかけのかけらになれば何よりです^^

 

どうか、
この素晴らしい光の道を、
皆さんもご自身で味わい、体験し、

その素晴らしい愛を世界中へと広げ、
魂が愛して止まないお相手と、
この地球で幸せに生きることを赦し、選択し、

その愛で、世界中を、この地球を、

愛の星にしていかれてください


とてつもなく長文、
お読みいただき、

本当にありがとうございます

 

私がこれを書けたのは、

ここに生まれてこれたこと、

愛して止まない、

両親や家族、友人達、クウタ、

今まで出逢った全ての人達、

これを読んでくださっている方達、

全ての出来事、経験、

自然や、生き物達や、物質達、

全ての存在、

この地球、

宇宙

全ての繋がりと、

永遠に愛する伴侶のおかげだと感じています。

 

本当にありがとう^^

愛しています♡

 

永遠の光と愛と感謝を込めて

Mokoより

※コメントは返信無しの承認公開のみとなりますことご了解ください。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    yuko (火曜日, 27 9月 2016 11:30)

    Moko様
    涙が止まりません。。
    今朝、珍しく道路の真ん中に蝶々がいて飛び立っていったんです。
    今日は何かいい事がありそうだなぁなんて思っていたら~のこの記事。。
    腑に落ちる事、気づきが多すぎてw感動しています。
    今まさに、この記事で愛へと戻されました(笑)
    感謝です!ありがとうございます!

  • #2

    misa (火曜日, 27 9月 2016 15:55)

    Mokoさま
    こんにちは〜
    お風邪など召されてないか心配しておりました♡

    ひとつ、ひとつ丁寧に読み進めさせて頂きました♪
    過去生から本当の気持ちを隠し、誤魔化し、
    認める事を赦さなかった私。
    それを癒す作業は荒行です(笑)
    (最近、荒行も自分を解放できて楽しくて♪)

    そんな荒行でどんなに揺れても、最終的に
    いつも手を引いて、私に戻してくれるのは
    愛する魂の伴侶です。
    伴侶がいてくれるから、私が私である事を認め、
    赦せるようになってきたと思います。ありがとう♡
    そしてMokoさん。綴られる文字から私は癒されています。本当にありがとうございます♡

    今まで感じた事を振り返ると、
    覚悟は決めなくても、2人で決めた道程において、最良のタイミングで自然に溢れるものと感じます。
    ゆる〜く、その時を待って、気付けば良くて。
    星のめぐりなんて気にし過ぎず、焦らずに。
    流れは2人で創造すればいいのかなぁ〜って♡
    星に乗っかれるときに乗れば良いし、見送っても
    大丈夫だと感じています☆ただ愛があれば良くて。

    でもまだ私も、1%疑ってしまうんです。
    もうちょいあるかな〜^^;ほんと警戒心が強くて。
    それも『まぁ、いいかな♡』

  • #3

    木乃花 (火曜日, 27 9月 2016 23:52)

    Mokoさん、いつも沢山の貴重な体験を惜しみなく伝えてくださってありがとうございます。
    もう、ついていけないくらいのスケールで。なんて壮大で緻密で美しいんでしょうか、この世界は。愛は。
    ついこのあいだまで、消えてしまいたいって考えちゃったりしてましたが(^^;。
    地球が「アミ」に出てくる愛の度数が高い進んだ星みたいになったら。それで、ツインが一緒にいるのが当たり前になったらいいな。そんなビジョンにちょっとワクワクしました。

  • #4

    yun (水曜日, 28 9月 2016 12:03)

    拝啓、moko様。たくさんの学びをありがとうございます!
    スケールの大きさに、私は足元にも及ばず、現実を歩いているだけな自分です。
    自分がどの当たりなのか、わからないというのが正直な感想です。

    対との出会いは今まで自分の中に蓋をしてきた、
    たくさんの想いや感情や偶然など
    自分が体験している事は一体何なのか、不安と葛藤
    そして、勇気と優しさとドキドキを体験させてくれます。

    でも、出会ったときの彼の言葉は潜在意識にビッシリと張り付いていて、
    今も糧になっていると感じます。
    今の彼は、以前のような感じではなく、同じかな~と思うところもあって、
    頭で整理するのは大変です。
    mokoさんのように弱い自分も認められたらいいけど、怖がりな私なんだな~

    すべての人が幸せになれますように…(^-^)

  • #5

    サチネコ (木曜日, 29 9月 2016 20:19)


    Mokoさま

    あまりに壮大なスケールの営みに
    文字面を目で追っていても
    光で眩しく感じるほどです…‼︎


    相手が最終の相手、魂の伴侶なのかと
    疑念とか不安でいっぱいになったり

    ちっとも動かない現実に焦れてジレて
    凶暴化して自家中毒起こしたり、、笑

    日々ジタバタ泥臭く
    3次元に留まったままのわたしですが…


    途方もなく遠く、
    たどり着ける日が生きながら来るのか
    まったくもって想像つきませんが

    でもMokoさんの歩みを、
    光の世界で伴侶さんとともに1つになり
    地上に天の根源の光を降ろした営みを

    わたし達も2人で現実的に成し遂げたいこと以上に
    そう、そうだったのか
    と歓びに似た嬉しさを感じました^^*


    わたしがわたしであることを妨げている
    過去の記憶や感情に、
    主役をゆずり、人生の舵取りをさせないように
    光へと反転させていきます!


    そばにいたい

    大切で
    愛おしい


    膨らみ溢れ出す想いを、
    祝福を

    相手に自身に
    惜しみなく贈り

    今まで持てなかった
    幸せになる勇気を持ちたいと思います♡


    ありがとうございます^^*

  • #6

    0413 (火曜日, 04 10月 2016 12:17)

    こんにちわ(*^_^*)

    現実世界では何カ月間も 一切話しをしてくれなかった彼に
      会いたいの。
    と 素直に言ったら ちゃんと会えました。


    魂のままに生きることは 本当に本当に難しい。

    だけど彼は 私の魂の声にだけは
    いつでも決して逃さず応えてくれます。

    それはきっと彼じゃなくて 彼の魂が知っていることなのでしょうね。

    だって こんなやっとの想いで再会しても
    お互いに憎まれ口たたいて 怒り顔になるのね。

    ばっかみたい(*^。^*)


    ん・・・。
    まだ もう少しですね。

    全てを受け入れるための器は
    もう少し時間を掛けて 
    きちんと作っていこうと思います。

    離れないことだけは 信じられるから
    焦らず丁寧に仕上げていきます(*^_^*)


    MOKOさん皆さん いつもありがとうございます。
     

Work Shop

Shop《New & Sale》

今月の石


レムリアン ツイン クリスタル

今月のレメディ

17. ホーンビーム / 決意

エルム